あなたの体を評価します。

あなたの体がちゃんと動くことができる体かどうかを10分でチェックします!

簡単な動作チェックで左右差や可動域を確認します。

このテストで何が分かるのか?

これは動作の評価であって、パフォーマンスの評価ではありません。
将来、障害やケガをするリスクが高い人を選び出すテストです。

このテストはFMSと言います。
Functional Movement Screen 機能的に動けるかスクリーンするということ。

集団の中から特定の人たちを選びだすことをスクリーニングといいます。

このFMSにより、「障害のリスクを高い人を探す=障害のリスクがない人が分かる」ということではありません。
単にこのスクリーニングに引っかかった人は障害リスクが高い、ということにすぎません。

FMSは簡易なスクリーニング方法です。
体のすべての機能をチェックするわけでもありません。
FMSにより”問題なし”という人でも障害を負うリスクはあります。

「じゃ、結局やる意味ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それでもやる価値はあります。

やれば分かりますが、ほとんどの人はどこかかしら問題があります。
そして、その問題の多くはエクササイズにより解決できる
体の機能の一部に問題があり、その問題を解決することで将来の障害のリスクが減る。

それだけで十分な理由だと思うのです。

「いいじゃん!」と思った人も「イマイチ、ピンと来ないな・・・」という人もどうぞ声をお掛け下さい。
テストはたった10分です。

ただし、テストはトレーニングの前に行います。
トレーニングが終わってから「FMS・・・」と言われても行いませんので、悪しからずご了承下さい。

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP