ダイエットのために何を食べるべきなのか?それとも・・・


c4d923625003789a54700c2651f2126c_s
何かを選ぶことは、何かを捨てること」

2年くらい前に話題になった本で、「エッセンシャル思考」という本があります。

無駄なことをやめて、重要なことに集中しよう1

というのが大まかな内容です。
この中に、この「トレードオフ」という考え方が紹介されています。

何かを選ぶことは、何かを捨てること。

何かを得ようと思うのであれば、何かを諦めること

という考え方です。

リスクーリターンの考えにも通じます。利益を得ようと思うのであれば、何かしらリスクを負う必要があります。

 

ダイエットにも避けては通れないものがあります。

もしあなたがダイエットをしたいのであれば、何でも食べるのでなく、何かを食べないようにしなければなりません

今、一番のオススメダイエット法

それが、いわゆる炭水化物カットです。
ライザップさんで一躍有名になったこの糖質オフですが、きちんとやればほぼ確実に成果は出ます。

糖質を捨てる代わりに、ダイエットの成果という結果を得ることができます。

糖質オフと言っても、いくつか種類があって、糖質制限の程度により

・厳しい(ほぼ完全に)糖質カット(糖質1日30g以下)

・緩やかな糖質制限(糖質1日100g程度)

・主食を食べない程度の糖質瀬原

という感じに分けています。

そう!私がオススメするが、この糖質オフ。糖質カットです。

先月のジムMVP会員のKさんも「鶏肉しか食べてません」で1ヶ月ちょっとでマイナス9kg。
私も1年前に1ヶ月でマイナス5kg。

このように糖質カットは確実に効果があります。

炭水化物を摂取しなくても大丈夫なの?

と心配するかもしれませんが、大丈夫です!

厳しい糖質制限について長期的にはネガティブな影響がある研究結果もあるようですが、数ヶ月とか何年とかいう単位では全く問題ないようです。
そういう意味では長期的には緩やかな糖質制限が健康的には良さそうではありますが、短期間のダイエットという面では厳しい糖質制限がオススメです。

この厳しい炭水化物カットはケトジェニックダイエットなどと言われていますので、気になる方は「ケトジェニック」でグーグル先生に聞いてみてください。

ダイエットの一番の障壁はあなた自身にあります。

このケトジェニックダイエットについては、本当に大丈夫かな・・・という心理的な壁が一番邪魔者です。
糖質は基本的にはエネルギー以外の役割はありませんし、エネルギーはタンパク質は脂質から摂取できますので安心してください。

この辺の詳しい話は省略しますが、まぁ大丈夫!と思ってください。
このケトジェニックダイエットや糖質オフのダイエットについては、注意すべき点が一点だけあります。

ここは間違いやすいとこなので重要です。

これについてはまた次週!

もしあなたが本気なら、それまで糖質オフでいきましょう!多分、失敗しますけど・・・・

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP