このトレーニング、私にあってますか?

おはようございます! 火曜日担当:アベヒロシです。

最近は天気が良く、洗濯物が良く乾くのでホントに嬉しいです!! 一日2回くらいは洗濯機回せますね。

あっ、洗濯物溜まりすぎですかね…

 

筋トレで身体がゴツくなる?いいえ!そんなに簡単にはなりません💦

ダイエットの基本は筋トレです。ですが、やはり女性の中には筋肉をつけすぎて、太くなるのが嫌だという人は多いでしょう。女性の場合は筋肉のつけ過ぎで、体がごつくなるというような心配はいりません。
余程のトレーニングをしない限り、それこそ太い体を作ろう!!と思ってトレーニングしなければ、太くはならないそうです。
男性に比べると、女性は筋肉が付きにくい体の構造なのです。生物学的にそういう体なんですね。

 

頭ではわかっていても、筋トレには拒絶反応が・・・

そうは言っても、なかなか納得できないという方もいるでしょう。
実際、学生時代に部活をやっていて、腕が・・・とか太ももが・・・なんて方は多いと思います。
そういった経験があるから、食事制限だけのダイエットに走りがちなんですよね。

ですから、そういった筋肉を鍛えることに抵抗がある人たちに知ってほしいのが、鍛えると細く締まっていく筋肉がある!ということなんです!
そんなものあるはずがない!と思わずに、思い浮かべてみてください。

 

マラソン選手は細い!あの持久力はどこからやってくる?

女子も男子もフルマラソンの選手の体って細くないですか?逆に100m走の選手はいかがでしょうか?マラソンの選手に比べると、体が大きくないですか?同じ走ることを目的とした種目なのに、どうしてサイズが変わってくるのでしょうか。

 

あの体型の差こそ、筋肉の種類の違い

これが筋肉の種類の違いなのです。フルマラソンの選手の筋肉は細く締まっていく筋肉で、100m走の選手は太く大きくなっていく筋肉なのです。この二つの違いは、ずばり鍛え方によります。

スポーツは瞬発力のいる種目がほとんどですよね。瞬間的に大きな力を出さなければならない場合、筋肉は太く大きくなければなりません。この瞬発力を司る、太く大きくなる筋肉を速筋といいます。部活動で筋肉がついて太くなったという経験のある人は、この速筋が鍛えられたからなんです。

 

一方、瞬間的に大きな力を使うのではなく、マラソンなど、長い時間力を使い続けると持久力が鍛えられます。この持久力を司る筋肉を遅筋といい、遅筋を鍛えると、細く締まっていくといいます。
部活より激しく鍛えているはずのマラソン選手が細いのは、主に遅筋が鍛えられているからなのでしょう。

 

 

筋トレで太くなりたくないなら遅筋を鍛えれば良い

ですから、筋力トレーニングに抵抗がある人は、この遅筋を鍛えれば良いのです!

瞬間的に大きな力を出すようなトレーニングでは速筋が鍛えられます。つまり、持ち上げるだけでギリギリの重いダンベルを持って、トレーニングをすると筋肉は大きくなります。

遅筋を鍛える場合はその逆です。

遅筋の鍛え方
軽い重りを持って、回数を多くトレーニングします。
女性であれば、ペットボトルでできるエクササイズで十分だと思います。
このように、軽い重りで回数を多くする、遅筋を鍛えるトレーニングならば、体は太くならずに細く締まっていくのです!(はずです)

細く締まっていく筋肉を鍛えることは、ダイエットだけでなく、女性らしいプロポーションを作るのにも効果的です。

遅筋のトレーニングで、メリハリのある体を手に入れましょう!

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP