コーチの役割

このジムに通う目的は人それぞれだと思います。
筋肉をつけたい、痩せたい、キレイになりたい、かっこよくなりたい、体力を向上させたい・・・

どれも人としての、当然の欲求ですよね。
で、このジムを選んで、目的を達成するために、頑張っているわけです。

思うんですけど、ほんと皆さん頑張ってますよね。
スタッフで良く話しますが、「ほんと頑張ってますよね」と。

あと、うらやましい。

初心者の時代に、ちゃんとトレーニングしようと思ったら、指導してもらうのが一番の近道です。
(本を読んだり、今は動画もあるし、やろうと思えば、自宅でもトレーニングはできるわけですが、これで成功する人はかなりラッキーな人です。)

やはり、指導してくれた方が間違いが少ないし、早く結果も出ます。

運動をできればいいや、と思っている人にとってはこのジムはオーバースペックかもしれませんが、それでも間違ったことをやって怪我をすることを防げるわけで、やはり教えてくれる人は必要です。

コーチの語源

「コーチ」と言う言葉の語源は「馬車」に由来します。
ブランドの「COACH」も馬車の絵ですよね。あのコーチです。

その馬車の「コーチ」がどうやってい、今のスポーツで使われるコーチになったのが諸説ありますが、「目的地に連れてってくれる」ことから、今の「コーチ」になったとも言われています。

マインドフルネスコーチ

さて、7月1日、2日にタイからコーチがやってきます。
マインドフルネスのコーチです。

タイに本部がある世界的なNPO団体のpeace recolutionからコーチが来日するので、大分でもワークショップをやってもらうことになりました。
(その経緯はちょっと長いし、まぁ、どうでもいいことと思うので省略しますが、結構すごいことなのです。)
前回も書いたように、私としてはすごく興味のある分野で、今回は縁あって実現することができました。

マインドフルネスは、一昨年くらいから本がたくさん出ていますが、まだ一般的にはあまり知られていませんし、「実際どんな感じ?」と言うレベルです。

マインドフルネスの効果

マインドフルネスは、要は瞑想をするわけですが、それだけで

・ストレスを軽減
・集中力アップ
・生産性の向上
・・・・
など多くのメリットがあります。

本当かな・・・と眉ツバな気持ちになるのも分かりますが、「まぁ一度体験してもらいましょう」、と言うのが今回のワークショップ。
マインドフルネスを通じて、その人が幸せになり、より良い社会にしよう、と言うのがpeace revolutionの考えです。

今回はストレスマネジメントとワークライフバランスについてマインドフルネス的にどう対応するのかを講義と実践で体験してもらうワークショップです。

瞑想やヨガも行います。
NPO団体の主催なので価格もかなりお安い!
普通に日本の団体がセミナーする半分以下の料金だと思います。

ワークショップの申し込み

マインドフルネスって何?と言う人こそ参加していただきたい!
二日間ありますが、25名限定なのでお申し込みはお早めに。
(あと、ホームページには書いていませんが、ジム会員は価格からマイナス500円です!

7/1,2 マインドフルネスワークショップの詳細はこちら!

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP