ジム・ヨガの社会的意義について考える日

クラソノです。本日は日曜朝8時の配信です。

このブログをいつ書いているの?
と疑問に思っている方もいるでしょうが、私の場合はだいたい前の日の夜に慌てて書いています。

「あ、明日俺の番や・・」と夕方頃に気づいて夜に書いています。
夜勤務の日は大変ですね、帰ってから書くことが多いですからね。。
言いたいことは山ほどあるので、ネタには困らないのですが、日によっては眠くて頭がぼーっとして、酔っ払いのように好きなことを書いていることもありますね、、

でも今日は大丈夫。夜の9時ですが、まだ頭はスッキリしています!

本日は経営者としての一面をお見せしましょう。
さて、あなたは
ロータリークラブという集まりをご存知でしょうか?

簡単に言えばロータリークラブというのは、社会に奉仕しよう、という集りです。(私の認識では・・)
経営者でなくてもいいし、大きな会社でなくてもいいのですが、実質的に経営者や役員とかそんな方の集まりになっています。

世の中には色々な仕事あります。
私たちのような健康に関するサービスや、飲食に関するもの、物を作ったり、売ったりする仕事。本当に色々ありますよね。
そんな色々な人達が奉仕の精神で結びついているのがロータリーというクラブです。

私も大分南ロータリークラブの末席を汚させていただいています。

昨日は、そのロータリークラブの地区セミナーに参加してきました。
テーマは「職業奉仕について」。

ロータリーの奉仕活動にはいくつかありあます。
社会奉仕とか国際奉仕、青少年奉仕とか。

で職業奉仕とはなんぞや?
ということを考えるセミナーで”仕事を通じて社会奉仕するってこういうことじゃない?”みたいな意見を出し合いました。

農家の方はお米を作ることがサービスだし、医薬遺品卸の会社は良い薬を販売するのが仕事。建築の方はいい家を作るのが仕事、塗装屋さんは刷毛一つでキレイに塗装することで社会貢献をしています。

私はこの仕事をすること自体が社会のためになると思っています。

会社設立時に会社のミッションを考えました。

一人でも多くの人にジムでの筋トレやヨガなどを通じて、エクササイズの機会を提供し、健康になってもらい幸せになってもらうことで社会に奉仕すること

これが弊社の社会的使命と掲げています。

そして、”一人でも多くの人に”というミッションにふさわしいように、小さなパーソナルジムでなく、ちょい大きめのジムにしたのです。

・この会社が大きくなって県下全域にヨガスタジオやジムを展開できるようになれば、それだけエクササイズ人口が増えます。

・県下の小学生や中学生を指導することができれば、障害予防やパフォーマンスアップの面で貢献できます。

・子供の体操教室も運動ぎらいの子供を減らす貢献をしているはずです。

・指導のできるトレーナーのいるジュニアチームを作れば、将来有望な選手ができるかも、、

多くの人を幸せにすることができる可能性のある仕事をしていると思っていますし、サービスを提供し、会社を大きくすることで、もっと社会に貢献できます。

だからこそ、もっと頑張らねば!!と日々思っているのです。

ただ・・自分の仕事が社会のためになっている、という実感がない方もいるようでした。
お米を作って、、薬を売って、家を作って、それだけで社会に奉仕していると言えるのか、と。

私も「フィットネス事業をやれば、どんなものでも社会奉仕になるのか?」なんてことを考えました。

答えは断じてNO!

行動指針は4つのテスト

ロータリーの行動指針として4つのテストというのがあります。

・真実かどうか、
・みんなに公平か
・好意と友情を深めるか
・みんなのためになるかどうか

私生活しかり、ビジネスにしかり。
ロータリアンとして、この4つを行動の指標にしよう、というもの。

ビジネスにおいては、
真実かどうか、
というのは特に重要だと感じています。

例えば、農薬の基準を守っているか、見積もり金額をごまかしていないか、利益率の高さだけで商品を売っていないか、、、
いわゆるコンプライアンス(法令遵守)の上をいく、倫理観みたいなもん。

その会社の理念が試されるところです。
ビジネスの真実はここにあると思います。

そのビジネスが真実に則っているかどうか。

フィットネス業界はご存知のとおり玉石混合、虚実入り乱れています(笑)
〇〇ダイエット、〇〇酵素、最近では水素水とかコラーゲンマシンとかもしの可能性がありますね。
きっとまだまだ出てきますよ。。。

よく分からないものを、さも効果があるように見せる。
ほんとんど効果がないのに、すごく効果があるようにいう。

健康器具も売れればいい的なマシンが数年に一度、爆発的にヒットしますよね。
嘘じゃなければ、いいんでしょ?的なことが多すぎます。

”売れるってことは必要な人がいるってことだからいいんんじゃない”という考えもありますが、どうしてもそういう考えに離れません。

やるならちゃんとしたいし、家族が後ろ指を刺されるようなことはしたくありません。
できないことをできる、と言ったり、騙して勧誘するようなことはダメですよね。

弊社の経営理念は稼ぐことでなく、誠実なビジネスをすることです。

なので、よく分からないことには手を出しません。
例えば、加圧トレーニングはしないし、ホットヨガもしない。
(本当にいい!っていう自信がないし、むしろダメじゃないかな・・?て思ってるから。)

その代わり、やりたいことはとりあえずチャレンジしてみます。

一人でも多くの人に入会して欲しいのは、従業員に多くの給料を払いたいし、(そしてもちろん私もお金が欲しい!)のですが、それよりまずは一人でも多くの人を健康に、かっこいい体に、キレイな体にして幸せにしたい、という想いがあるからです。

そして会社を大きくして、県下遍くエクササイズ環境を整えたい、という野望があるからです。

真実のあるビジネスをすれば、その結果として収入も増えると信じています。

昨日のセミナーで
最もよく奉仕する者、最も多く報いられる
(One Profits Most Who Serves Best)

という言葉を知りました。

かくありたいと願う晩夏の夜です。
(頭スッキリしてるので、これまでにないくらい長くなりました)
今、夜の10時。おやすみなさい。

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP