スクワットのやり方

おはようございます。やくしじです。 今週もやってまいりました!! 大好評のトレーニングのやり方シリーズ!(ほんとかよっw)   それでは今週は、、、   スクワット!!! です。     スクワットと言えばトレーニングの王様と言われ、もっとも大事な種目とされていますが、 もっとも嫌がられる種目かもしれません。。。そりゃだって、きついすもんね、、、(^^;) しかーし、心肺機能はあがるし、肺活量も増えたりします! 腕を太くしたければスクワットしろ!って言われるくらいですよ。 そんだけ成長ホルモンが出るわけですよー(^^)/ 全身運動なわけです。   そんなスクワットのやり方を文章でおさらい。。。 いままで指導中になんとなくやっていた方、これからスクワットされる方、 ぜひご一読を~ あっ、もちろん骨格や筋量に個人差があるし、実際に成長していく中で微妙に フォームの調整はしていかなくてはいけないです。 なので基本のフォームってことで見てください。   ①バーをラックに置きます。バーの下に入り、僧帽筋の上、三角筋後部よりも少し高い位置に置きます。 ②バーを手で握ります。手幅は個人により違っていいですが、狭い方がバーをしっかりと安定させられると思います。 ③息を深く吸い(胸郭内の圧を保ち、胸が前に倒れるのを防ぐ)、背は少し反らして、骨盤を前傾させ、 視線はまっすぐ前を向き、バーをラックから外します。 ④1~2歩下がり、両足は平行にします。つま先は少し外側に向けます。足幅は肩幅かやや広く。 ⑤背を前に傾けながら、ヒザを曲げて腰を下ろします。(股関節から屈曲します。ヒザ関節からではありません。) ⑥重さをコントロールしながら下がっていきます。ケガの危険があるので絶対に背中は丸めないでください。 ⑦大腿が水平になったら、胸を元の姿勢に起こしつつ脚を伸展させていく。動きの最後で息を吐きます。   主に大腿四頭筋、殿筋、内転筋、脊柱起立筋、腹筋、ハムストリングスが鍛えられますので 動作中にはそれらの筋肉を意識することが大切です。   ほんとにスクワットのフォームはむずかしいかもしれませんが、がんばったらその分のTAKEはあると思うので、 がんばっていきましょう。 分からないことはジムで遠慮なく聞いてくださいね(^^)/  

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP