トレーニングの停滞期

水曜担当シノラーです。

毎日とにかく暑いですね。

こんなに暑い中でトレーニングしていて効果が上がらなかったらやる気なくなりますね。(笑)

やる気がなくなる一つの原因が停滞期。。。

あんなに頑張ってんのに!ってなるのも凄くわかります。

そんなあなたに停滞期を打破できるかもしれない方法を一つ。

筋緊張時間を優先させるテクニックと題して雑誌IRONMANに記載されていましたので一部抜粋しながらご紹介します。

まずは刺激のタイプを変えるというやり方です。

普段1セットは10レップとか決められた回数で行っていると思いますが

いつも同じ刺激だと時間とエネルギーを消費するだけだと。。。確かにと思いました。

そこでこれまでに経験したことがない刺激をいれる工夫が必要になります。

例として、筋力アップや瞬発力アップを狙うやり方だと10秒以内に1セットを終わるというやり方です。

回数ではなく”秒数”が胆です。

ちなみに、目的によって秒数は異なります。

要するに筋緊張時間でトレーニングを管理するやり方です。

先日実際にやってみました。

たった一回しかやっていないのでまだなんともいえませんが

めちゃめちゃきつかったです。

刺激が今までと違う事だけはすぐに実感できました。

ひょっとしたらかなり効果が高いかも?と期待を持てます。

ということで自分で実験してみます。

6週間以上は続けてやったらダメみたいなのでとりあえず6週間続けて効果をこの手で確かめてみます。

詳しくは雑誌IRONMANを購読ください!

私に質問していただいても大歓迎です!

雑誌を読みながら説明します!

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP