マインドフルネス おすすめ本

クラソノです。
このブログ、実は私は結構好きで書いています。

言いたいこと、あなたに伝えたいことは山ほどあるんです。
こんないいトレーニングがあるよ、こんな食事はダメだよ、とか、、、
知識を見せびらかしたいわけじゃない。
純粋に良いものはお薦めしたいだけだし、ダメなものはバッサリ切り捨てます

さて、昨日は初のマインドフルネスセミナーでした。
と言うと必ず、

「マンドフルネスって何?」

という話になります。

マインドフルネスはマインドフルな状態にする方法、です。

これ以上はうまく説明できないので、本読んでください!
一昨年あたりからポツポツと、今年に入ってからもたくさん出てますよ。

マインドフルネスについて本を紹介します。

その前に、なぜ私がマインドフルネスをプッシュしているのか、と言うと・・・なぜなら
マインドフルネスは簡単にできて、そしてやった方が良いからです。

「良い」と言うのは、個人的にも社会的にもです。
マインドフルネス的な考え方をすることで、もっと個人は楽に生きられるし、ビジネスで言えば生産性を上げることができます。

マインドフルネスを宗教みたいなもの、と勘違いしている人もいますが、
それは空手や柔道を宗教みたいなもの、と思うようなもの。
マインドフルネスは武道というより、もっとスポーツに近い感覚です。スキルです。

ま、とりあえず、本でも読んでください。
きっと何かしらプラスになると思います。

まずは、これ。

『最高の休息法』

最高の休息が普通の一般人向けの本ですが、この本は話題になりました。マインドフルネスを日本にもたらした本と言っていいでしょう。脳や心の休息という面からマインドフルネスを捉えてます。

「Search Inside Yourself』
題名そのまま。グーグル社内でどのようにマインドフルネスを使っているのか、と言う内容。
ビジネスパーソン的にはこれかも。

最後にこれ。

「スタンフォード大学 マインドフルネス講座』
小難しそうですが、意外に読みやすい。マインドフルネスを教授が語るとこうなります。と言う本。

実践と理論で分ければ理論の部類になります。男性は好きかもしれません。
最初の1冊目としてはおすすめしませんが、理解は深まります。

と言うことで、とりあえずどれでもいいので読んでみてください。

私からの一方的な宿題です(笑)

今回のワークショップでは瞑想やヨガもやります。

瞑想の練習中

ヨガもやります。

ヨガも最終的な目標は「幸せになること」
ポーズをとるだけがヨガじゃありません!!

実は今日もやります!今日のテーマはライフワークバランス。
昨日はストレスマネジメントなので、ちょっと内容は違いますが、根本はマインドフルネスです。
一応当日受付も可能です。もし参加されたい人がいれば早めにご連絡ください!
LINE@でもFacebookでも電話でも構いません。

詳細はこちら!→マインドフルネスワークショップ申し込み!

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP