ラグビー ヘッドキャップ

おはようございます、キタムーです。

さぁ明日!ここ大分でラグビーW杯のニュージーランドVSカナダの試合が行われます!見に行かれる方はいますでしょうか?ちなみに私はそんな試合が行われる日に、茨城に旅立ちます・・

さて、そんなラグビーですが皆さんはルールを把握していますか??

テレビでも実際に見るにしても簡単にルールだけでも把握しておくとより一層楽しく見れますよ!けどルールを覚えるのは・・・・ってなりますよね!

下記のURLに飛ぶとわかりやすくルールを説明してくれている動画があります!しかもまたこの動画がほのぼのすると言うか、可愛いと言うかw一度見てみてください!https://oitarugby.pref.oita.jp/know/#ct01

そんなルールの中1つ僕が疑問に思ったことがあったので、調べてみました。

どこかで一度みたことはあると思うんですが、選手の数人が頭に身につけている。ヘッドキャップの着用についてです。

あのヘッドキャップの主たる目的って何かわかります??

頭の保護はもちろんですが、メインは耳の保護だそうです!タックルやスクラムの際に耳が擦れるそうです。そのせいで耳が千切れそうにや、ギョウザ耳(膨らんだような耳)になるそうなのでそれに対しての目的があるそうです。

なので、よくタックルする人やスクラムを組む人は着用している人が多いそうです。

ただ、高校生までは全員の着用が義務付けられているんです。大学生以上の場合は任意での着用になるそうです。

まぁポジションによって役割がかなり変わってますけども・・

かつ大人になるにつれ身体が出来上がってきますけども、相手選手のパワーも上がってきているので、危険性は変らないんじゃないかなと思うんですけどね〜〜

ちなみに他のスポーツで何かあったりしますか?

高校生くらいまで、義務化されてるけどその後各個人の任意で選択できるスポーツって。

野球とかは金属バットから木製バットですけど、あれは金属バットを選べないですし

皆さんやっていたスポーツで、年齢によってルールが変わるものを知っている人がいたら是非おしえてください!!

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。