ランニングと筋トレ、どちらを先に行うのが効果的?

おはようございます! 首を痛めて動きが不自然なヒロシです。
寒くなってきたので縮こまって寝てしまいがち。急に動くとピキッとなりますよ!暖かくして寝るようにしましょうね!!

痩せたい!と思ってる方から、よく聞かれます。有酸素運動って痩せるんですよね?って。
筋トレと有酸素運動、どちらかが先で得られる効果も変わってくるとか。

筋トレやランニングで筋肉に負荷を与えると分泌される成長ホルモンには脂肪燃焼を高める効果があります。

ランニングなどの有酸素運動ではホルモンの分泌に時間がかかりますし、量も多くありません。

その点、筋トレはランニングと比べると約4倍の成長ホルモンを分泌するため、同時にトレーニングを行う場合は『筋トレ⇒ランニング』という

順番にすると効率が良いと言われています。

成長ホルモンを多く分泌させるには、筋トレで鍛える『部位』と『負荷』が重要です。

大きい筋肉の方が分泌量は多くなるので、上半身だと大胸筋、広背筋、下半身だと大臀筋(お尻)、大腿四頭筋(太もも前)、ハムストリング(太もも後)

などを鍛えるといいですね。スクワットなど、下半身の筋肉群を鍛えるトレーニングは特にオススメです!

筋トレの負荷は高い方がホルモンの分泌量も増えるため、休憩が必要なくらい激しいトレーニングをしましょう。

ただし!筋トレ終了から30分後をピークに成長ホルモンの分泌量が徐々に少なくなるため、休憩時間は15~30分以内に抑えてくださいね。

本気で瘦せたいなら、激しいトレーニングを頑張ってみませんか!?

今の負荷では物足りないから痩せない、結果が出ていない、かもしれません….

 

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP