日焼け対策で紫外線をカットすると…..

おはようございます! アベヒロシです。

ゴールデンウィークは楽しめましたか? ゴールデンウィーク中もジムに通って下さった方、ありがとうございました!

意外?に多かったです!

またお仕事が始まりましたが、頑張っていきましょう!!

 

 

照りつける日差しの強さが夏を実感させる季節になりましたね!

紫外線対策を始めた女性も少なくないのではないでしょうか。

美容の敵として知られる紫外線は、実は健康に役立つ存在で、骨の強化に欠かせないそうなんです

紫外線を浴びないとガンになりやすいという研究結果もあるので、過剰な美白対策はかえって健康に悪いのかも。

■紫外線で骨元気?

紫外線はおよそ200~380nm(ナノ・メートル)の短い波長の光で、音に例えるならコウモリの放つ超音波が聞こえないように、人間の目には見えない光だ。おまけに雨や曇りの日でも降り注ぎ、晴れの日の20~40%にも及ぶから過剰反応を示す人も多い。

紫外線が日焼けの原因となるのはご存じの通りで、地表に届く紫外線の95%はUVA(315~380nm)で、残りの5%はUVB(280~315nm)と呼ばれ、UVBは皮膚の浅い部分・表皮に、UVAは深い真皮まで到達し細胞にダメージを与える。

過度な日焼けはやけどのようになり、さらにヒドくなると皮膚ガンに発展する。

そのため紫外線をブロックしようとして表皮にメラニン色素を表皮に生成する。これが日焼けのメカニズムです。

日焼けと言うと軽く聞こえますが、紫外線には強力な殺菌作用があるため、生物や細胞を死滅させる力もあります。

温暖化ネタで定番のオゾン層が吸収してくれるので地表は安全だが、宇宙では死活問題にもつながるレベルとなるので、女性の紫外線対策は理にかなっている。ただし!骨の健康にも役立つことは、意外と知られていない。

骨を構成するカルシウムは尿から排せつされるため、日々減り続けている。そのため常に補給する必要があり、成人なら800~1,000mg(ミリ・グラム)、およそ1グラム必要なのだが、吸収されにくいので補給が難しい!そこで登場するのがビタミンDだ。

ビタミンDはカルシウム吸収の強力な助っ人で、不足すると歩行障害、骨軟化症など重大なトラブルを引き起こす。

便利なことに体内で生成されるのだが、その際に紫外線の力を借りているのだ。

つまり、日焼け対策で紫外線をカットすると、ビタミンDの生成量も減り、最終的には骨の弱体化につながる。

毎日サプリを飲んでいるから大丈夫!と思うのはいいですが、ビタミンDなしでは吸収率が大幅にダウンすることを忘れずに!

高価なサプリメントを毎日摂取しても、大半は吸収されずに出て行ってしまうのでは、からだも財布も浮かばれない…

この夏、紫外線ともうまく付き合いたいですね!

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP