筋肉の喜ぶお酒の飲み方

おはようございますー、金曜お散歩ブログ担当竹下です。 本日は皆さんお待ちかね柔術day!19時30スタートです。 今年に入って周りであまり良いことがなくて、チョット落ち込んでます 僕も減量スタートしたし気を引き締めていかないと何か悪いことがありそう。 今日はお客さんからお酒は飲んでも良いんですかー?って良く聞かれるのでアルコールが筋肉に与える影響を少しだけ スポーツ選手トレーニーにとってアルコールはどのような影響を与えるのでしょうか、飲酒が筋機能にマイナスになることは皆さんご存知だと思います。 よく聞くのがアルコール筋症ですね、アルコールを飲むと筋肉が分解される現象です、当然、筋力低下を伴います。そしてこの筋委縮と筋力低下はアルコールの摂取量に比例するそうです。 アルコールを体内にいれてから2時間から3時間後にはタンパク質の合成が30~40%程度低下するそうで少なくとも24時間は低下すると! 長期的に飲酒を続けていると筋力低下は防げなそうですね、じゃあ一時的な飲酒なら大丈夫なのか?どのくらいの量なら大丈夫なのか? 健康面、トレーニング効果、筋機能の影響を総合的に考慮するとビールなら1日500mlぐらいみたいですね。 まぁ飲む人なら1回にビールだけで2ℓぐらい飲むでしょうから、筋機能に良いことはないと思います。 お酒を飲むことは悪いことではないので1日1本とか決めとけば良いかもしれないですね、幸い僕はお酒飲めないんでそうなんだ―ぐらいにしか感じないですけど 飲む人からしたら結構重要な事ですからね、メリハリを付けて週末だけとかに出来たら良いと思います。        

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP