難消化性デキストリンって何?

今流行りのタピオカが飲みたくても飲めない

しづりです。

皆さん難消化性デキストリンって聞いたことありますか?

そうトクホの飲み物などに入っているやつです。

今回はこのことについて話します。

あくまでも私の見解ですが。

難消化性デキストリンは食物繊維(水溶性)

に分類され

脂肪や糖の吸収を抑える役割があります。

CMでもよく言ってますよね。

果たして、この飲み物を飲み続けたら

本当に効果はあるのか。

ズバリ答えは

【効果はある】

しかし

効果が見られる人もいれば見られない人もいる。

と私は考えています。

効果が見込みにくい人

・普段から低GI値(玄米、オートミール、さつまいも)

 などの食品を日常的に摂取している人

・高血糖には分類されない人

効果が見込みやすい人

・普段から高GI値(パン、麺類)

 などの食品を日常的に摂取している人

・高血糖の人

・一般的に肥満の人

難消化性デキストリン(食物繊維)の働きとしては

わかりやすく言うと

水分を吸収して

ドロドロの液体のようなものになります。

この液体に後から食べた糖の塊が

引っかかったりくっついたりして

少しずつ腸内に送られて行き

ゆっくり吸収させる。

したがって血糖値の上昇を抑えてくれる

というもの。

こんな素晴らしい働きをしてくれるのです。

しかもゼロキロカロリーって書いてるし。

メリットしかないと思われる方も

いるかもしれませんが

実はこの難消化性デキストリン1グラムにつき

1キロカロリーあるんですよ。

ダイエット中にジュースが飲みたかったら

トクホのジュースはいいと思いますが

完璧に絞りたい人には

あまりお勧めできません…

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。