魅惑の逆三角形

先日ボディビルダーでありトレーナーとしての大先輩である方に興味深い話をきいてきました。

ずっと気になっていたことなんですがボディビルダーでもプロポーション型と言われる逆三角形の身体の人とバルク型と言われる箱形の身体の人がいますよね

これは元々持って生まれた骨格フレームなのかトレーニング内容で変わるのかという事。

この方は長くボディビルに携わり色んなタイプを見てきたが骨格とトレーニング半々なのではないかと言われてました、バルクタイプの人は高重量を扱ったトレーニングをガンガンやり、プロポーションタイプの人は重量にこだわらず長い時間トレーニングをする傾向がたしかにあると

しかしこれは自分の身体に反応の良いトレーニングを長年やってきた結果なのだろうか?明らかにバルクタイプの人が重量にこだわらないトレーニングをすると逆三角形になるのだろうか?

自分もそうだが結局は皆身体の反応の良いトレーニングに落ち着くようになるはず、これは良いことなのだろうが色々と試したいことはある!これから追及していく。

自分はお客様の体形に合ったトレーニングをしてもらうようにいつも考えているので非常に面白い話でした。まぁトレーニングってのは楽しみながらやるのが一番です、結局楽しみに変えれた人しか身体は変わってないんですよね、楽しみにさせるのも僕らの仕事ですね、頑張ります!!

僕はPROTEIOS以外でもトレーニンググループを作って活動してますんで興味のある方はぜひ。

 

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP