ーまともなジムの選び方ー

ージムで無駄な時間とお金を浪費しないためにー

「いいこと言ってくれるわ、この人」
「そうそう、そういうことよ、俺の言いたいのは」
と、自分の気持ちをそのまま表現してくれる人がいたことないでしょうか?

先日、購入してジムに無造作にポンと置いている本があります。
鈴木岳さんというトレーナーが書いたこの本。

一言で言えば、
ジムでトレーナーを使い倒せ!
ということです。

一度読んで欲しい。

まずこの鈴木岳さんを紹介しましょう。

一般的にはほぼ誰も知らないと思うのですが、トレーナー界では超有名です。
日本にアスレチックトレーナーという職業を持ってきたい人、と言っても過言ではありません。
R-bodyというトレーナー集団のトップです。
私の中では日本トレーナー界のドンの1人。

例えば、北島康介選手とか、先の冬のオリンピックで金メダルをとった小平選手などもRーbodyさんがお世話しているようで、他にもたくさん一流選手をみています。

まぁ、そういう人が書いた本なので、どんな内容だろう・・・と思って買ったのですが、
よくぞ書いてくれた!
という今までのトレーニング本とは一線を画す内容です。

例えば、
ジムトレーナーは無資格でもできる」という章ではズバリとこう書いています。

「『基本的にはジムにいるトレーナーは資格を持っていない』と思った方がいいと思います」などと私が言いたくても、ちょっと言いにくいことを言ってくれてます。

ついでに、ちょっと言わせてもらいましょう。

「トレーナーはここで見極める!あると望ましい資格一覧」

として、NASM-PES,JAT-ATI,FMS,JASA-AT,NSCA-CPT,NATA-ATC
が挙げられています。

ちなみに、、、
この中で一番取得が難しいのがNATA-ATC、その次がJASA-ATですね。
NATA-ATCはアメリカのアスレチックトレーナー資格なので留学しないと取得できませんし、JASA-AT(日体協AT)は受験資格が限られているので、かなり閉ざされた資格なのです。
あとNSCA-CPT,NASM-PES,FMS,JATI-ATIという順番ですかね。
この辺はオープンな資格で勉強すれば取得できますが、それなりに難しいのです。

PROTEIOSズのトレーナーはどんな資格を持っているのかというと、、、

私クラソノはNSCA-CPT,CSCS,NASM-PES, JAT-ATI,FMSを持っていますし、
永田トレーナーは超希少なNATA-ATCを持っていて大学院を出ています。
北村トレーナーはJAT-ATI,JASA-AT,NSCA-CPT
竹下トレーナーはNSCA-CPTと狩猟免許と誰よりも詳しいウエイトの知識
シノラーは NASM-PESと2人の子供を持っています。

本当に思うのですが、こんなに優秀なトレーナーの揃っているジムはないですよ。
なので、信頼して安心してトレーニングをして欲しいと思います。

その他、この本の内容は9割方賛成できる内容です。

残りの1割が、、、初心者は大型フィットネスジムに行った方がいい、というところですね。
大型フィットネスは全てが揃っているからやりたいことができる、的な内容なんですが、、、まぁほとんどの人が2ヶ月で挫折するのは見えてますからね。

*この辺、本来は言いたいことではないのかもしれないけど、色々なしがらみがあるのかもしれません。

内容をかいつまんで言えば、

・筋トレをすべし
・鍛える前に体を整えるべし
・筋トレはフリーウエイトでやるべし
・最初にガツンと教わるべし
・きちんとしたトレーナーに教わるべし
・でも、ほとんどいないけどね

という感じです。

わざとらしくジムに置いているので是非読んで欲しいですね。

「あー、クラソノがいつも言っていることはマンザラ適当なことじゃないんだな」ということが分かっていただけると思います。

トレーニングが10倍楽しくなる!

悔しいですが・・・
私がいくら大声で叫んで主張するより、こういう人が書いた本を読む方が100倍説得力あります。

ざっと読めば15分で読めます。普通に読んでも20分。じっくり読めば30分です。

そして「このジムでいいんだな」「ここのジムしかないんだな」
と思ってくれて、今の1.3倍くらいトレーニングに励んでくれればこの上ない幸せですね。

それくらいあなたにも読んで欲しい本なのです。

パラパラっとめくってもいいし、奥のテーブルに座って20分で読破しても構いません。

これを読めばトレーニングが10倍楽しくなりますよ!

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP