マッスルコントロールはもう古い?

クラソノです。

今日はセミナーのため、ジムの営業はお休みです。申し訳ありません。
こういうときは、せっかくなので、ヨガなどやってみてはいかがでしょう!?

今日1回だけでもいいと思います。
月に1回でもいいと思います。いつもとはたまに違うことをやる、というのも楽しいものです。

たまには身体を思いきり伸ばす、というのも良いものですよ。
偏見なしにチャレンジしてみてください!
意外かもしれませんが、筋肉痛になりますよ。

予約はLINE@でもいいですし、新しい予約サイトからならできるはずです。
————————————————————–

マッスルコントロールとマッスルイメージ

さて、
最近はダイエットネタが多かったのですが、今日は筋トレやボディメイクで大事なことをお話ししましょう。

ひょっとするとこれをするだけで、これまで挙がらなかった重さが上がるかもしれない、というくらい大事なことです。

それは使っている部分をイメージする、ということです。
できるだけリアルにイメージするということ。

今日説明するのはマッスルコントロールではありません。
マッスルイメージです。

マッスルコントロールはトレーニングしている筋肉を意識的に動かしましょう、という感じです。

マッスルイメージは、筋肉の動きや形をイメージして筋肉を動かしましょう、ということ。

具体的に説明しましょう。

男性で太い腕が欲しい場合にアームカールをしますよね。
その時に、もうすでに自分の腕が太くなって、その太い腕でカールしていることをイメージするのです。

もしくは1回1回腕を曲げることよって、腕が太くなっていくイメージでカールするのです。

「もうダメ・・上がらない・・」となったときには、もう一回り腕が太くなることをイメージするだけで、さらにもう1repいけるものです。

やる気の問題でしょ?と言われれば、そうかもね、、ということ。

ベンチプレスをする場合は
MENSFITNESSや IRONMANの表紙に出てくるような,広く厚い大胸筋をイメージしてベンチプレスをするのです。
自分の欲しい胸の形、厚さをできるだけリアルにイメージしてベンチプレスをするのです。

そうすることで筋肉が意識しやすくなりますし、力も入ります。

女性であれば、なりたい自分のスタイルをイメージします。
お尻が大きくなりたいなら、もうすでに大きなお尻を持ってるかのようにイメージしてスクワットやヒップスラストなどを行います。

ほっそりしたウエストが欲しいなら、トレーニングの間、そのキュッとしたウエストを意識して動いてください。
猫背が気になる方は、きれいな背中を手に入れたことを想像してラットプルやロープーリー、ワンハンドロウなどの種目を行う。

というような感じで、憧れの筋肉量やスタイル、理想の姿勢をイメージするだけで、自然に力を入れるべき場所に力が入っていきますし、良い姿勢でエクササイズできます。

ダイエットも脳との戦いであるように、トレーニングも脳との戦いです。

あなたの筋肉は実際の力の30%くらいしか使われてない、などと言われています。
「あ、そういえばもうベンチプレス100kgあげるだけの筋肉を持っているんだった」
と脳を騙すことで、実際に挙げることができるようになるかもしれません。

まさに、厚い胸板、太い筆、迫力のある脚、メロンのような肩を持っていることにしてトニーニングしてください。
女性であれば、もうすでに、きれいな身体ラインを持っていることにして、動いてみましょう!

ちょっと意識するだけで、いろいろと変わります。
そこがまたトレーニングの面白いところ!!

まさに、、、で思い出しましたが、
先週はマサ斎藤氏の訃報が世間を賑わしましたね。
「猪木ー、まだだーっ」の名シーン。
名脇役でした。
書いておかないと、世間知らずと言われそうなので、一応書いておきます。
合掌。

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP