基本的なトレーニングが、全ての基礎となる

トレーニング専門誌も含め、雑誌を見ていると「へぇ、最近はこんなトレーニングがあるんだ・・」と思うことがあるかもしれません。

特にコンディショニングについては色々なテクニックというかアプローチの方法が提唱されています。

もちろんトレーニングもそう。○○理論みたいなね。

そういう方法を頼りたくなる、信じたくなる気持ちも分からないでもありません。

そんな人にはこの言葉を送ります。

エド・コーンというアメリカのトップウエイトリフターの言葉です。

知っている人はかなーーりの通です。

で彼がなんて言っているのかというと。。

「最新のトレーニング方法がベストだ!」という助言は間違っている。

うまく行くことが立証された基本的なトレーニングが、全ての基礎となる」(エド・コーン)

だそうです。

大いに賛成です!!

ベーシックが一番!

そうなんです、結局はベーシックなやり方がいいのです。

何が最新のトレーニングの方法か、最新の理論とは何か、、ということは判断が難しいですよね。
自分にとっては最新でも、実はずっと前からあるトレーニングであったりしますからね。

TRXでも ViPRは用具としては新しいですが、やっていることは実に古典的というは基本的です。

速度をベースとしたVBTでも同じ。
速度を計測する機器については最新かもしれませんが、理論自体は昔からあります。
私が大学時代からある。
当時は20秒とかやって10回しかできなかったら、8回以下になったらそこまで、みたいな感じですが、ベースとなる理論は同じ。

この時は単純にスピードを落としたくないなら、遅い動きはしちゃダメ、って感覚で捉えてましたけどね。

私的にも、あなたにはもっとベーシックな所を学んでいただきたいと思っています。

筋肥大には何RMとか、何セットすればいいとか、休憩の時間は?とか。

最終的に筋力アップしたいんだけど、どういうセットを組めばいいのか。

短期、中期でどんな戦略で行くべきなのか、、とか。

最近の研究ではこういう例もありますが、、、とかはとりあえずおいておいて、です。

ダイエットでも同じ

これはダイエットについても言えますよね。

色々な理論がありますが、結局はカロリーを減らす、という所に行き着きます。

それが今のところ唯一の”立証された基本的なダイエット法”ということです。

糖質オフにしろ結果的にカロリーオフになっているはず。
本当に糖質オフだけでカロリーオーバーしたら絶対に痩せませんし、逆にカロリーを落として痩せられないのであれば病院に行くべきです。

そういうものです。
本気になれば、ほぼ誰でも痩せることはできます。

トレーニングもダイエットも自分の体と脳をどうやって騙すか、ということです。

年末年始のこの太りやすい時期をどうやってやり過ごすのか・・・

もう夏への戦いは始まっていると言っても過言じゃないかもしれません。

今が知恵の絞りどころです!!我慢のしどころですよ!!!

PAGE TOP