ムーブメントプリパレーションエクササイズで痩せる!大きくなる!

先日、久しぶりにトレーニングのセミナー受講してきました。

最近は気になるセミナガーがあれば行くより主催することが多かったので、久しぶりにセミナー参加した感じで新鮮感。

「マジ?そんなのあるの!?」みたいな目新しい情報や「あれ?知っている情報と全く違う!」ということはなかったのですが、

改めて考えたのが準備運動ですね。

ムーブメントプリパレーション

ウォーミングアップのように体全体を温めるものというより、いわゆるプリパレーションエクササイズ的なもの。

プレパレーションエクササイズなんて言いますが、日本語に訳せばまさに準備運動(笑)

今回のセミナーで出てきたわけではないのですが、関係することもあり。

動きの中でこれから使うであろう筋肉や関節に対するエクササイズをすることで、筋肉に準備をさせ、関節可動域を広げることで怪我を予防し、高いパフォーマンスでのエクササイズをするためのものです。


ワンランク上のベンチプレスへ

ViPRなんかは、優秀なプリパレーションエクササイズツールです。何でも使えます。

クラムシェルやヒップアブダクションなどのチューブエクササイズもその一種。

キャットカウやバードドッグのようなものもそうですし、オーバーヘッドスクワットやバックランジなんかもプリパレーションエクササイズになり得ます。

ベンチプレスの前にチューブでのオーバーヘッドスクワットをすることで、胸をしっかりはれるし、その時点で肩や胸に違和感があればその日はベンチプレスをしない方がいいかもしれません。

背中の種目がある場合は、胸椎の伸展や回旋のエクササイズを入れることで、しっかり胸を張れて、肩甲骨を寄せることができるようになり、より良いエクササイズになると思います。

もっと言えば、胸椎が伸展できなければ背中のエクササイズをやっても効果が薄い可能性があるのです。

準備運動を軽んじている訳ではないですが、時間の関係でたくさんエクササイズして欲しいと思い、省略してきた部分もありますが、長い目で見ればやはり重要かもね、、と、改めて思ったわけです。

ジムにきて、ちょっと走って、まっすぐラックやベンチへ直行!というやる気はよし。

でも、その前にあと5分ちょっと動いてからやればさらに5kgUPしますが・・


もうちょい準備運動をしよう!

問題は、このようなエクササイズはバリエーションが多くて、エクササイズ名も色々あって覚えるのが難しいこと(笑)

メニュー表に書いていても、毎回「これなんですか?」って聞かれること間違いなし。

動画に撮ってもいいですが、撮って編集して、、そもそもそんな時間あるかな、、、というのも問題ですね。

来月あたり一度時間とってミニセミナー的なことをしましょうかね。

それを動画に撮れば一石二鳥かも。。

【ダイエットに効果的!ムーブメントプリパレーションセミナー】

みたいにすれば、たくさん来てくれるかもしれない。

で、すごーくきついエクササイズやって、「ほら、痩せそうでしょ?」ってやればいいのかな・・

いや、むしろ

【あなたの筋繊維が3%太くなる!筋肥大に効果絶大なムーブメントプリパレーション】

みたいな感じの方がコアな会員さんが喜ぶのかもしれませんね。

どっちにしろ効果を前面に出しているので、広告表現的にはアウトですけどね。


ということで、ベンチプレス、デッドリフト、スクワットの前にも準備運動をすることで、パフォーマンスもアップ、挙上重量もアップ、筋肥大確実です!

ベンチにまっすぐ向かわずに、ちょっと寄り道して軽く動かしましょう!

 

 

 

 

 

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。