ジムにインボディがやってきた。

目的地へ辿りつくためには、まずは今、自分がどこにいて、どの方向を向いているのがを知ることが大事です。

男女の脳の違い、というのはありますが、、

3つ目の信号を右に曲がって、そこにポストがあるので、そこの路地を曲がって、、、

なんて説明されても全くわからないと思います。

逆に

「今見ている方向の4時の方向に300mくらい先」

みたいな感じでざっくりと大まかに説明された方がちゃんとたどり着けそうです。


例えばダイエット。

まずは自分の体重を知り、

今体重が増えているのか、減っているのか、

はたまたそのまま現状維持のままなのかを

知ることが第一歩です。

ダイエットに成功している人はほんとどが、ちゃんと体重を管理しています。

そのためのツールが、、、、

ついに来ました!

インボディ!!

早速どんどん測っている人がいます。

良いことです!


なんて言ってますが、、、

基本的に私(クラソノ)はこういう機器を信頼していません。

信頼してないというか、意味がないなと。

体脂肪や体重で一喜一憂しても仕方ないのです。

それより見た目でどうなの?

ということを大事にしたい。

インボディにしろタニタやオムロンと差があるのか、というとそこまででもありません。

少なくとも価格ほどには違いはない。

なので、

「インボディなんかする人いる?」

なんて話をしたのですが、、

「わざわざ体育館に行って測っている人もいる」

「紙として記録に残るのがいい」

ということを聞き、

「じゃ、やってみよう!」

ということで導入しました。


せっかく導入したからには多くの人に利用していただきたいと思います。

・体重計に乗るのが怖い

という方こそぜひ。

まずは自分の立ち位置を知りましょう!!

そして計測するならできるだけたくさん測った方いいです。

偶然性を配乗することになあります。

少ない点でプロットするよりたくさんの点でプロットした方が全体像が分かります。

これより、

こっちの方が全体としてどっちに行ってるか分かりますよね?

ってこと。


できれば月4回コースを選んで欲しいですね。

週1回測るだけでもかなり意識が変わるでしょうし、それだけで痩せることができるかもしれませんよ!!

チケットや定期測定する方には抽選で何かすごいものが当たるとか。。

かなり高確率な抽選です。

悪いことじゃないし、とりあえず測ってみては?

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。