VIPRラインセンス認定コースin大分 終了!

坂田幸範ViPRナショナルトレーナーをジムに迎え、ViPRライセンス認定コースを受講しました。 講師は坂田幸範さん。ViPRナショナルトレーナーです。 普段は福岡市内でパーソナルトレーナーやセミナーなど幅広く活躍しています。 実は、大分ともちょっとつながりがあって意外でした。   さて、今回はViPRラインセンス認定コース。 ViPRの基本的な使い方を一通り学ぶコースです。 これまで何となく使っていた感のあるViPRでしたが、色々と学ぶことがありました。 ViPR(Vitality,Performance,Reconditihoning)の頭文字です。 プロチームなどにも多く採用されているファンクショナルトレーングツツールです。 ファンクショナルトレーニングとは機能的な動きのトレーニングのこと。 LMT(loaded Movement Training)と呼ばれる、負荷をかけて動くトレーニングができます。 振ったり、転がしたり、動かしたり・・・まぁ、色々なことができるツールです。 興味のある方がいたら教えてください。 何人か集まれば研修会やレギュラーとして週1回程度やってもいいと思っています。  

Continue Reading

スポルティックのススメ

8月2日~3日にスポーツの祭典SPORTECが開催されます。東京です・・・。 公式ホームページはコチラ 一応、入場料が3000円となっているようですが、事前登録で入場無料です。 私も昨年一泊二日で行きましたが、面白かったですよ! 新しい商品やトレーニングの紹介、ミニセミナーなど時間がいくらあっても足りないくらいの盛りだくさんな催しです。 また試食やイベント参加で色々商品がもらえたりするのも、嬉しいです。 東京ビッグサイトでの開催なので交通費や宿泊費が必要なのが悔しいですね。 東京人うらやましいぜ!  

Continue Reading

7月10日トレーニング講習会を開催します。(ついでにジム無料開放!)

7月10日にウエイトトレーニングの講習会を行います。 日曜です! 詳細はこちら 日曜だけど開放します。とりあえず午前中9時~12時まで。 その後、2時間程度無料開放します。 普段は1時間と短い時間でのワークアウトですが、この日はたっぷり3時間プラス2時間! 大きなテーマは 基本から学ぶビッグ3(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット) です。 ビッグ3といわれている種目は、おそらくほぼ全員の会員さんが行います。 それくらいウエイトトレーニングでのは基本的、かつ有効な種目です。 ですが、例えばベンチプレスにしても、色々なやり方があります。 グリップ幅や、足の位置、腰の反り方(そもそも反らないといけないのか?)、肘の位置、呼吸・・・ さらには、重さや反復回数、セット数、インターバルの設定、挙上スピード、意識・・・ あーだめだー!時間が足りねー というくらい色々と伝えたいことはあります。 日ごろのワークアウトでも気が付いたことはその都度指導していますが、それでも見逃している部分や見た目では分からない部分などがあります。 言いたいのに、伝えきれない!あーもう!! というストレスから逃げるため、今回講習会を行うことにしました。 ・言われたままにやっているけど、実は何をやらされているか分からない。 ・体重をコントロールできるようになりたい。 ・ベンチプレスで100kg挙げたい ・プログラムを自分で組めるようになりたい ・実は異性にモテたいから鍛えている という方は参加の権利があります。 逆に、 ・ある程度自分でメニューが組める ・トレーニング歴が長い ・怪我なくバンバントレーニングしている ・異性にモテたくない ・ウエイトトレーニングには興味がない という方は参加する意味はありません。   今回の講習会でお伝えすることは ・理論編9:00-10:00 ウエイトトレーニングの原理・原則 プログラム、メニューの組み方 間違いだらけのダイエット常識 買ってはいけないトレーニンググッズ 是非購入してほしいトレーニング用品 ・実技編10:00-11:30 ベンチプレス~まずは体重の1.2倍を目指すためにすべきこと。  スクワット~安全なスクワットと、避けるべきポイント  デッドリフト~体幹トレいらずのデッドリフト。腰を痛めない方法 ・質問、共有タイム ~12:00終了 (あくまでも今のところの予定なので、内容は変更する可能性もあります。)   自分で本や動画を見るのも勉強になりますが、やはり直接教わるのがベストです。 今回の講習会に参加することで次のようなことを得られます。 ・ジムの考え方がわかる ・ウエイトトレーニングの基礎知識がわかる ・減量、ダイエットについて正しい知識を得られる ・正しいフォームが習得できる ・日ごろ質問できなかった気になることが質問できる ・プログラム、メニューの組み立てが理解できる ・理想のカラダづくりへのイメージができる ・絶対やってはいけないことが分かる ・怪我のリスクが高くなるフォームを理解する 今回の講習会は最大10名程度。それ以上は目が届かない。 なので、原則として早い者勝ちです。 申し込みは直接スタッフまで伝えるか、恥ずかしい方は、こちらのお問い合わせフォームから件名を「セミナー講習会」を選んで、内容に「7月10日行きまーす!」と書いて送信してください。 せっかくに日曜なのに・・・と思っているかもしれません。 しかし!何もせずに過ごす日曜と何か一つでも得るものがある日曜日。この差はデカいですよ!なので、 用事がある方はその用事をつぶして参加してください! とは言いませんが、 「何をしようかなー」という感じであればぜひ来店ください。何かいいことあるはずです。(多分) 今回は会員でなくても参加可能です。 家族、同僚、知人、友人、恋人、変人・・・連れてきて構いません。 ただし、安全上14歳以下の方は講習会への参加はご遠慮願います。 なお、7月17日、24日には○○講習会を行います。是非ご参加ください!  

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

大分で体幹トレーニングするなら

「体幹トレーニング」「コアトレ」という言葉が普通に会話に出てくる時代になりました。 この「体幹」「コア」というのは一体、何のことでしょう? 一昔前には「インナーマッスル」という言葉が一人歩きしたように、また今回も体幹・コアという言葉だけが一人歩きしている気がします。   体幹トレーニング、コアトレーニング、こういう言葉は「売れる言葉」です。 何でもかんでも体幹、タイカン、たいかんです。 そして、その中身は・・・ 腹筋や背筋を鍛えましょう!なんていう内容だったりします。本当がっかりです。 気持ちはわかります。困った時の「たいかん」頼み。 「体幹弱いですねー」「体幹を鍛えましょう!」アドバイスとしては正しいことが多いです。 ただ、何をすればいいか分からない。 そもそも体幹がどの部位のことを言うのか、それすら曖昧というか明確には定義されていません。 今度トレーナーに「体幹」と言われたら、聞いてみましょう。 「『体幹』ってどこのことですか?」何という筋肉のことですか?何という骨についている筋肉でどういう役割があるんですか?」と。 大分のフィットネスジムにこの質問に答えられるトレーナーがいるかどうか・・・ 当ジムでも「体幹」という言葉は頻繁で出てきますが、意味が分かった上での「体幹」です。もしあなたが分からないのであれば、遠慮なく聞いてください。 きっとズバリと回答してくれるはずです。   体幹トレーニングにも色々とありますが、当ジムは色々なトレーニングツールを用意しています。 あなたのトレーニングの目的や好みに応じて使い分けることができます。 もし体幹トレーニングについて気になっているのであれば、一度お越しください。 なお、電話で「体幹トレーニングって何ですか?」と聞かれてもお答えはできませんので悪しからずご了承をください。    

Continue Reading

TRXファンクショナルトレーニングこーす in oita

無事にTRXファンクショナルトレーニングコース終了! 弊社から5名、一般から2名の計7名でのコース開催でした。 先生は谷香織さん。 日本に2名しかいないTRXシニアインストラクターの一人です。 この業界では知らない人はいない!という方で、貴重な学びを得ることができました。 今回のコースは前回のSTCも含め、指導するためのコースでもあります。 会員さんに楽しく、機能的に動いてもらうために、色々な方法を学ぶことができました。 ここでの学びを何倍にもして、会員さんにはより良いサービスとして提供したいと思います。 TRXのセミナーは学びのスピードや経験値を一気に引き上げてくれます。 TRXトレーニングしてみませんか? 今回の学びの成果を感じたい方!朗報です!! 毎週火曜19時からTRXを使ったサーキットトレーニング講座を開催! 第1回目は6月7日の予定。多くの方の参加をお待ちしています! 参加する際は人数調整の必要がありますので、予約を必ずお願いします。                               きついけど、楽しく学べるコースです。 動作一つにしろ、トレーニングの世界は奥深いな、と改めて感じました。 セミナー途中に、ふとTRXというツールどういう競技にどう活かせばいいのだろう?という疑問が湧いていきました。 野球のためのTRX、サッカーのためのTRX、格闘技のためのTRX、子供のためのTRX・・・ 色々なバリエーションができそうだし、その情報を欲しい人もたくさんいるのでは? TRXはアメリカの組織なので小回りのきく組織ではなさそうだし、今度、自分なりに考えてみようと思います!          

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

25日はスポーツ医学トレーニングコース!

5月24日にファンクショナルトレーニング 25日にはスポーツ医学トレーニングコースが開催されます。 こちはらはサスペンショントレーニングコース(STC)の受講は必須条件になっています。 TRXといえば、ちょっときつめなトレーニングというイメージもあります。 はサスペンショントレーニングコースを受講した時に、これって高齢者や要介護者、障害者、リハビリなどに使えるのでは?と思っていました。 こういう風にすれば良さそうだけど・・・でも、実際はどうだろう? 例えば障害後のリハビリなどに使う場合、利用方法によっては悪化させてしまう恐れがあるかもしれませんし、障害のリハビリとしては良くても、その代償として別の箇所に障害が出た、なんてことになったら意味がありません。 今回のこの講座は、その辺を解決してくれるヒントになりそうです。 TRXのホームページではコースの目標についてこう書いています。 コースの目標: 低強度のTRXエクササイズの実践方法や、TRXの特長を生かして、動きの実践をサポートする方法を学び、指導できるようになる。 サスペンショントレーニングが障害予防や、介護予防、リハビリにも効果的に使用できることを理解、説明できるようになる。 ケーススタディを通じて、腰痛や足首の捻挫など、よく起こる症状を持ったクライアントへのTRXエクササイズの応用方法を学ぶ。 高齢者など低体力のクライアントからアスリートレベルのクライアントまで、それぞれに適したエクササイズプログラムを作成、指導できるようになる。 対象者: 理学療法士、柔道整復師、アスレチックトレーナー、健康運動指導士、パーソナルトレーナーなど運動療法の指導に関わる方 なるほど。個人的には3つ目のよくある症状へのクライアントへのTRXへの応用、というのが気になりますね。まさに知りたいところ! こういう知識は、パーソナルトレーナーの方も知って損はないというか、知ることで必ずレベルアップできるポイントだと思います。 あなたはまだ受講するレベルじゃないかも。 4万円という価格が高いんじゃないか?という方もいるかと思いますが、高いと思ったのであれば受講する必要はないと思います。 このセミナーや研修に限らず、あなたが払うお金はあたなの価値を示しています。 1万円以下のコースしか払えないのであらば、あなたの価値は1万円以下。クライアントから1万円以上のお金をいただくべきではないでしょう。自分は1万円を払えず、人からは1万円以上のお金をいただくなんておかしいですよね。 セミナーに10万払えるのであらば、あなたは10万円以上もらう”立場”にいる、ということです。 内容的に興味がない、という方は、あえて興味のない分野に踏み込むことで、自分のブレイクスルーを起こすことができるかもしれません。    

Continue Reading

TRXファンクショナルトレーニグコース開催!

5月24日はTRXファンクショナルトレーニングコース! TRXのホームページから引用して、ざっと説明します。 • 効果的で体系的なアプローチの主軸として、TRX基礎動作を用い、クライアントやアスリートを指導する • TRX基礎動作の基準を設定し、TRXサスペンショントレーナーやその他の器具を使って条件を変える • スイング思考を使ってエクササイズフォームのキューイング、指導、修正をする • TRX基礎動作を基に、複数のトレーニング手段を用いたサーキットプログラムを作成する 対象者:運動指導に携わる方、自身のトレーニングの質を高めたいと望む全ての方 というコースです!! ちょっと待って!ふぁんくしょなるとれーにんぐ、って何? 世間一般では全く広まってないという言葉の一つです。 ふぁんくしょなるとれーにんぐ→ファンクショナル(機能的な)トレーニング→functional trainingです。 簡単に言えば、機能的な動き作りのトレーニング、のこと。 マシーンやベンチプレス、スクワットなどバーベルやダンベルを使ったエクササイズでなく、バランスや動きをともなったトレーニングです。 TRXはその代表的なツールですが、その他ViPRやケトルベルなどもファンクショナルトレーニングではよく使用されます。 当ジムのコンセプトも動けるカラダ作り。 筋肉隆々とした格好いい体もいいですが、やはり動きは大事にしたい。 まさに競技者向けのトレーニングと言えます。 そしてそれだけでなく、実は一般の方にも向いているのです。 競技者だけでなく、一般の人にも向いている? 一般人になぜファンクショナルトレーニングが必要なのでしょう? まず第一に面白い! マシンのように1箇所の筋肉だけを単調に体を動かすのでなく、多くの場合、全身の協調性やバランス性が試されます。 自分の体を自分が思った通りに動かすことがいかに難しいか?動かせないもどかしさ。日常生活ではあまり感じることのない感覚を味わえます。 そして、二つ目。動き作りのトレーニングなので、動きの癖が修正され、正しい動きができるようなり、日常生活の動きが楽になります。 残念なことは正しく教えることができる人が少ないということ。 それでファンクショナルトレーニングのつもりですか? ネット動画であったり、スポーツニュースであったり、多くのファンクショナルトレーニングの”動き”を取り入れたエクササイズを見かけます。 でもそれらはファンクショナルトレーニング”もどき”であって、本当の意味でのファンクショナルになっているかどうかは怪しいです。 まずやっている人が理解しているかどうかが怪しい。 そしてやらされている方はなおさら分かってないないからさらに怪しい・・ ファンクショナルトレーニングに限らず、トレーニングは教える方だけでなく教わる方も理解する能力がないと意味がありません。 TRX®ファンクショナルトレーニングコースに向いている人とは? 今回のこの講習は、トレーナーや運動指導者だけでなく、自身のトレーニングの質を高めたいと望む全ての方を対象としています。 センスの良い人は、動画を見たり本を読めば”動き”を真似できると思います。 それがファンクショナルトレーニングもどき。 本当にもったいない。 それほどセンスが良い人なら一度講習を受ければ色々と応用できるのに・・・ 動きだけを真似してその気になるのか、ちゃんと理解してやりたいのか? でも、わざわざ学ぶ価値ってあるんですか? 学ぶのが面倒な人は来ないでいいと思います。自分勝手に何となくやってればいい。 でも人には教えないで欲しい。子供になんて絶〜対教えないで欲しい。 「先生、そのトレーニグどこで習ったんですか?」 と聞かれて「いや、本とか動画で、、、」と正直に言うか、適当にごまかすか。 それとも「こういう講習があって日本でトップクラスのトレーナーの方から教わりました」と自信を持って答えるのか。 せっかくなので後者になって欲しいし、一人でも多くのトレーナーや競技者に正しい知識を知って欲しいし、広めたいと思っています。 だからこそ、今回の講座をお願いしました。 もちろん当ジムスタッフは全員受講しますよ。 この機会を通じて正しいトレーニングを知って欲しいし、多くの人に学んで欲しいと思います。 そして一般世間にもファンクショナルトレーニングという言葉を浸透させましょう! 今回の講座の主旨に賛同していただけ方はどうぞご参加ください。一緒に盛り上げましょう! →http://www.shop-trxtrainingjapan.com  

Continue Reading

TRX®STCを選んだ理由。

今日はスタッフ全員+オープン参加者1名(理学療法士さん)でTRX®STC。 講師は長嶺誠さん。 日本でたった4人(!)しかいないTRX®STCインストラクターの一人で、東京でパーソナルトレーナーとして活躍されています。 格闘技業界の中では有名なトイカツ道場でもTRXトレーナーとして格闘技関係者を指導しているのも何かの縁かもしれない。 今回は全3回にわたるTRXコースの1回目、サスペンション・トレーニング・コース。略して”STC”。 ちなみに24日にファンクショナルトレーニングコース。25日にはスポーツ医学サスペンショントレーニングコースが開催されます。(24日、25日の講師は谷香織さんの予定です!) さて、 TRXというツールは実は単純なツール。 複雑な構造しているわけでなく、特別な使い方もありません。器用な人なら自分で作れそうな器具です。 使い方も簡単。動画などを見れば”何となく使えそうな感じ”がします。 ですが・・・ TRXを購入したもののイマイチ使いこなせていない人もいるかもしれません。というかかなりいるのでは?と思っています。 TRXという単純なツールを使いこなせない理由 それは、 基本が分かっていないから。 TRXはあくまでツールです。 数あるトレーニングツールの一つに過ぎません。 大事なことはTRXを使って何が得たいのか?何をしたいのか?ということ。 TRXがあるから、TRXを使おう!という考え方もいいでしょう。 もっと良いのは、○○というトレーニング目的のためにはTRXを使うのが一番だからTRXを選ぶ、ということです。 この考え方がないと、何となくTRXを使ってるけどいまいち効果が分からないな・・・となってしまいます。 でもこれって当たり前です。その目的を達成するためのTRXの使い方が分かってないから。 今回の研修の目的はTRXというツールの考え方を理解するために開催しました。 このツールで何ができるのか、何のためにTRXを使うのか、TRXトレーニングで大事なことは何か? 知って使うのと知らないで何となく使うのでは全く効果が変わってきます。 TRXは色々な使い方ができるツールです。 使いこなすためにもTRXのもつ考え方を把握するのは、実は大事なことなのです。 STCで学ぶことができる、もう一つの大切なこと。 もう一つ大事なことを学ぶことができました。 それは指導の方法です。 実はこれが大きい! こればかりは動画では学べません。 実際に指導してもらって、指導の方法を知ることができます。 一子相伝、というわけではありませんが、動画や本では伝わらないところです。 このコースに限らずセミナーの良いところはここにあります。 実際に教わらないと教え方は分かりません。           何となくTRXを使っている方もいると思いますが、やはり一度はきちんと学びたいものです。 残念ながら当ジムでは当面の間STCの開催の予定はありません。最寄りは福岡で開催されていますので、チェックして見て下さい。 24,25日のコースについては現在募集中です!地方での開催は珍しいと思うので折角のこの機会に受講してみてください! http://www.shop-trxtrainingjapan.com/shopbrand/ct7/     ※肉につられてクリックした方、最後までお読みいただきありがとうございます。 RBD®SPL(ローストビーフ丼スペシャルラージ) at  trattoria29  

Continue Reading

TRXができる人と、できない人。どちらを選びますか?

理学療法士さんや介護士さんに朗報です! TRXスポーツ医学サスペンションコースをご存じでしょうか? 知らない? では、早速ですが、TRXのホームページからの説明を引用します。 きついイメージが先行するTRX サスペンション トレーニングを、低体力の方や、高齢者のトレーニング、介護予防、障害後のリハビリなどにも効果的なエクササイズとして取り入れる方法を理解し、実践できるようになることです。このコースを受講すると、病気や怪我、介護予防、リハビリなどにも効果的にTRXサスペンショントレーニングを導入できるようになります。受講者は、TRX サスペンション トレーニングの知識を深めるとともに、クライアントの様々なフィットネス レベル、さまざまな目的にに合わせて運動強度を調整し、指導する方法を、複数のケーススタディと実践を通して学ぶことができます。 ということなんです。 結論を言います。 理学療法士として介護士として、他の方と差別化を図るのであれば、今回のTRX医学サスペンションコース(SMSTC)は必ず受講すべきです。 当ジムスタッフは理学療法士でもないし、介護士でもありませんが全員受講します。 TRXが使えるツールであることを知っているからです。 素晴らしいツールも使えなければ意味がありません。 もしあなたが、全くTRXというツールを知らなくても、今回5月15日のSTC、そして5月25日のSMSTCを受講することで、他のPTさんや介護士さんと違う強みを手に入れることができます。 そして、一度手に入れた知識はずっと使えるということ。使えば使うほど、強いツールになります。   通常でSMSTCを受講する場合、最初にSTCを受講して、次に東京まで行ってSMSTCを受講しなければなりません。 しかし今回は違います。地元九州、大分で受講できる大きなチャンスです。     「幸運の女神に後ろ髪はない」という格言があります。 今がチャンス!と思ったら、その時にチャンスをものにしなければ次はありません。 あなたが受講しなければ、誰かが受講します。せっかくのこの機会を生かしてください。 TRXができる人と、できない人。あなたはどちらを選びますか?     受講したいけど、時間とお金がない…という方は、ぜひ所属に相談してみてください。 会社や事業所、病院の役に立つことをあなたの口から説明すればきっとご支援していただけると思いますよ。 この機会を逃さないようにしましょう! 早速お申し込みはこちら。 5月15日のTRXサスペンションコースを受講する 5月25日スポーツ医学サスペンションコースを受講する   このコース、実は九州初開催らしいです。 九州各地、周辺県からの参加が予想されますので、お申し込みは早めに!  

Continue Reading