ジムでの物の紛失を防ぐために、やって欲しいたった一つのこと。

何度かお話していますが、私は空手をやっていました。
空手に限らず格闘技は相手との闘いです。

試合に勝つ鉄則

「相手の癖を探して、弱いところや隙を攻める。」

勝ちたいのであれば、いきなり一気に攻めるようなことはしません。
一気に攻めれば、こちらの癖を見抜かれるし、隙も生まれます。
勝てる試合にも負けてしまう可能性があります。
まずは相手の動きを見て、どこをどう攻めるか決めます。

逆に隙を見せれれば相手から攻められる可能性があるので、普段から「弱みのない、隙のない動き」を目指していました。
隙や弱みがなければ、負ける可能性は小さくなります。

勝つためには、負けないことが大切。

さて、
先日ライザップのトレーナーがお客さんのお金を盗んだ、とのニュースがありました。
「遊ぶ金欲しさに」との報道ですが、まぁ、あり得ますよね。

人間、誰しも可能性があります。
いわゆる”魔がさす”というやつです。

このようなことを防ごうとすれば、そういうこと、例えば窃盗、を起こす気持ちにさせない仕組みが必要になります。

このジムには大手フィットネスジムのようなロッカーはありません。

なぜPROTEIOSには鍵付きロッカーがないのか?

泥棒をするようなお客さんがいないと信じている、わけじゃありません。
優秀なスタッフが目を光らせているから、でもありません。
お金や場所がなかった、というのも理由の一つですが・・

最大の理由はセキュリティ面です。

実はセキュリティ面を考えて、ロッカーはわざと設置していないのです!

更衣室という場所は、さすがに防犯カメラを設置できません。

なので、そこには物を置いて欲しくないのです。

鍵をつければ・・・との意見もありますが、鍵をかけ忘れることだってありますし、誰も開けないだろう・・と言う性善説的な人もいるかもしれないからです。
あんなものできる人であれば、簡単に開けられますからね。

全ての物は自分の目の届く範囲において置いて欲しい、と思っています。

見えない場所の鍵付きロッカーより、自分の目が届く範囲、人から見える場所に裸で放置していた方がマシ。

人を信じてはいけません。
ジムエリアにおいて置いている限りスタッフがいますし、カメラもあります。
財布やスマホだけでなく、手帳やノート、着替えやサプリメント・・・可能な限りの物は自分の管理下に置いてください。

男性は全ての物をカバンに詰めて、2階に置いておけばいいんです。
パンツも靴下もサプリもシェイカーも。

盗まれて困るものは全て見える範囲に置く、を徹底してください。

誰にでも”魔がさす”瞬間はあります。

それを防ぐには”魔がさせない仕組みづくり”が必要です。

と言うことで、更衣室には鍵付きロッカーは置いていません。

悪しからずご了承ください。

 

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP