筋肉がつきにくい部位

水曜担当シノラーです。

身体の部位で筋肉がつきにくい部位はありませんか?

私シノラーの場合は大胸筋の内側です。

よく男性の方であれば大胸筋をカッコよくつけたい!

こんな思いからベンチプレスをたくさんやっているところを多く見かけます。

素晴らしいことですよね。体鍛えるってことは。

カッコいい体になりたいから鍛える。ほんとに素晴らしい!!!

でも、一生懸命やっているのになんだか大胸筋の内側だけとか下側だけつきにくいとか

こんな悩みが出てくるんですよね 泣

そこで今日はトレーニング前にちょっとした

アクティベーションドリルをご紹介します。

アクティベーションドリルとは?

ざっくりいうと

普段の姿勢であったり呼吸のやり方であったりと
何らかの理由により動員されにくくなっている
筋または筋群をしっかりと動員できるように
神経系を再教育する目的で低負荷を用いて実施するドリル

みたいな感じです。

では具体的に、私シノラーの例を用いてご紹介します。

冒頭で述べましたように私シノラー

大胸筋の内側がつきにくいです。

というよりは骨が少しへこんでます。泣

そこで大胸筋トレーニングの前にチューブを使用します。

身体の外側から手を左肩の前に来るぐらいまで引っ張ります。

これを10回ぐらいします。

以上です。

これだけです。(笑)

これだけで大胸筋の内側は活性化され働きやすくなります。

始めて二週間ほどで内側に線が出てき始めました。

思ったより早く効果を感じています。

すでに会員さの1人にご紹介してます。

きっと大胸筋内側が発達してくることでしょう。

アクティベーションドリル、思ったより簡単ですぐにでもできそうでしょ?

ウォーミングアップがてらチョットだけでもやってみることをお勧めします。

もちろん大胸筋以外でもありますので!

それではジムでお待ちしています。

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP