トレーニングベルトをする理由

5e123b6b-aa23-4b7d-835a-de05e61546db毎日暑かったり、土砂降りの雨だったり、いやな天気が続いておりますが、もうすぐ梅雨明けですね!
あと少しのがまんです!

真夏のビーチで堂々と裸になれるように今の時期に追い込みましょう(笑)

トレーニングで追い込むには色々なトレーニングギアがあった方が良いです。

ベルトや、グローブ、りストラップ、シャツやパンツ、靴、靴下などもトレーニングギアと言えます。

その中でも今回はベルトをご紹介します!
ベルトは高重量でのトレーニングには欠かせない必須のギアです。

ベルトを使う目的は腹圧をかけ姿勢やフォームを整えることであり、効果は主に二つあります。

①強い力が出せる

②腰の怪我を予防する

ということです。

ベルトを締めるときは思い切りきつく締めます。そうしないとあまり意味がありません。

ギュッときつく締めることで腹圧がかかります。

腹圧をかけた時ベルトがないと、圧が逃げてしまい、腹圧がかかりません。

ベルトを締めることで腹圧が逃げずに、腹腔内に力が加わっておなかに力が入りやすくなり、姿勢が整います。

よいスタート姿勢(フォーム)がとれるとおのずと強い力が発揮しやすくなります。

 

腹圧にはもう一つの重要な役割があります。

それが、腰椎の保護。

特にスクワットやデッドリフトといった腰痛に負荷のかかる種目には欠かせません。

高重量になれば、過度な緊張をかけたスタート姿勢になります。

腰に緊張のある状態でスタートすると動作中ずっと腰が過度の負担を強いられることになります。

また腰の緊張が同時に股関節の柔軟性を阻害するため、腰を深く落としてしゃがむことができなくなる場合があります。

正確なフォームを習得してより安全に効率よくトレーニングを行うにはベルトは欠かせません。

当ジムでもベルトの貸し出しをしています。怪我をしてから使っても手遅れなので、高重量にチャレンジする時には必ず着用しましょう!
e64e2be1-4283-43ca-9f83-501d7ab2d41a

それではまた来週!!

 

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP