ダイエットを成功させるたった一つの真実。

昨日、新米スタッフのしづりんが目標達成についていいことを言っていました。 【目標を作って、壁に目標を張りましょう!】 と。 彼は壁に 「10月までに彼女を3人つくる!」 と書いた紙をはってるそうです。 筋トレがおろそかになる、とのことで3人が限界のようで・・・ まだ今のところ空きがあるそうなので、誰かマッチョ好きな友達がいれば、ご紹介を。 まず筋トレと仕事が第一なので、それを妨げない人がいい。 でも、こういう男性は楽ですよ。 筋トレだけさせておけば、浮気もしませんし、飲みにも行きません。 食事も毎日、鶏胸肉でも全く文句は言わないはずです。 ただ週に3、4日筋トレさせておけば、あとの3日はあなたのために尽くしてくれますよ。

願望を達成するための6ステップ

さて、本題へ。 目標達成には色々かコツがありますよね、 壁に貼って毎日読む、唱和するという方法は王道中の王道です。 壁に貼るのが恥ずかしい場合は手帳でもいいのです。 今はスマホの待ち受けにしている人もいるそうです。 毎日毎日繰り返し目に入る状態にしておく、ということが大事なのです。 ナポレオン・ヒル「思考は現実化」するの中で『願望を達成するための6ステップ』として、こう説明しています。
1.あなたが実現したいと思う願望を「はっきり」させること。単にお金がたくさん欲しいなどというような願望設定は、まったく無意味なことである。 2.実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりに何を“差し出す”のか決めること。この世界は代償を必要としない報酬など存在しない。 3.あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。 4.願望実現のための詳細な計画を立てること。そして、まだ その準備ができていなくても、迷わずにすぐに行動に移ること。 5.実現したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと。 6.紙に書いたこの宣言を、1日2回、起床直後と就寝直前に、なるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたはもうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じこませることが大切である。
2番目。私はこの考え方が好きです。 ”この世界に代償を必要としない報酬など存在しない” 真実だと思います。 NO pin,NO gainです。 そして、この中で大事なのが一番最後のところ 「もうこの願望を実現したものとして考え、そう自分に信じ込ませること」 というところです。

目標をすでに現実のものとしてイメージする。

例えば、目標について「彼女を3人つくる」ではなくて 「3人の彼女が毎日タンパク質が40g以上含んだ栄養満点の食事を作ってくれている」 みたいな感じで具体的にイメージして書くことが大事なのです。 綺麗な服を着て街を歩いている、 ことをイメージする やせたあなたを見た友達から「やせたねーー、キレイになったねーー!!」と言われている ところを想像する。 この場合目標設定は 「7月までに4kgやせて久しぶりにあっと友達にキレイになったと驚かれる」 というのが目標になります。
で、そのために何を差し出すのか?ということ何を犠牲にするのか、ということです。 犠牲は一つとは限りません。 目標が大きいほど、当然差し出すものも多く大きくなります。 10円を賽銭箱に入れて何個もお願いしているようなものです。 「今年こそ彼女が3人できますように」 「大会で優勝できますように」 「体がでかくなりますように」 たった10円でなんておこがましい!! となりますよね。

ダイエットをするために何を犠牲にしますか?

もしあなたがやせたいのであれば、(そういう人が7割くらいですが)食事を我慢するという食欲の犠牲が必要です。 運動をする時間という犠牲も必要です。 その代わりキレイになる、健康になれるという報酬が得られます。 まずは差し出す犠牲を決めること。 その結果が自分に返ってくるのです。   実は以前キャンペーンを考えたことがあります。 ダイエット成功したら1kgにつき1000円キャッシュバック!みたいなやつ。 ・・・ではなくて、 参加費1万円。成功したらお金が返ってくるけど、成功しなかったら1万円損するみたいなキャンペーンを考えたことがあります。 せっかく1万円払ったから頑張ろう!ってなりますよね。 人は得することより、損をする恐怖の方が2倍でかいですからね。 絶対にそっちの方が成功率高いと思うのです。 もし自主的にやりたい!って人がいたらいってくださいね。 あなたのために喜んで受けます!! 失敗しても大丈夫、あなたのお金は社会のために募金しますので。 失敗しても「いいことをした・・・」と気持ちよくなるだけです。
でも、実はこれに近いことを、もうやってるんですが、気づいていますか? このジムの入会金は3万円。 決して安くない。 でもこれは意図的に高くしています。 3万円も払っているから、頑張ろう! となることを狙っています。 ライザップも同じことですよね。 50万円払うからこそ、一生懸命します。 あれが3ヶ月で5万円だったら、辛くてやめますよね。 ジムの入会金が無料だったらモチベーションはすぐ落ちるかもしれません。 そのために入会金は高めにしているのです。 それは目標を達成するぞ!というあなたのやる気、決意の大きさと思っています。 入会した時点で「あなたはやる気がある人」であることが分かっているので、私たちもあなたの期待に応えるようと一生懸命指導したくなるわけです。 金銭という犠牲、ワークアウトする時間という犠牲、ツラさという犠牲を払うことで、キレイな体、かっこいい体という結果が得られます。 目標を達成したいなら、 犠牲なしには何も得られない。 すごく大事な原則だと思います。 今日は久しぶりに真面目な話をしました。 次回か次次回かまたその次くらいにはまた真面目な話をしましょう。 人はなぜ太るのか?について。

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP