リンパマッサージについて

もう十数年前の本だと思うのですが

「話を聞かない男、地図が読めない女」

という本があったのをご存知でしょうか?

この本は私にとっては衝撃的な本でした。

女性と男性でこんなに考え方が違うのか!

と当時かなり驚きました。

今、手元に本がないのでうろ覚えなのですが、

女性の質問は質問ではない

というようなこともありました。

女性は別に回答を求めて話をするわけじゃないが、男性は回答を求められている、と考えていると。

例えば、よくある話だと思うのですが、、、

「どっちの服がいい?」なんて聞かれて、【どっちでも似合う】と心から感じたので「どっちでもいいんじゃない?」なんて言ってしまいがちですが、そうなると「もっとちゃんと考えて!私のことなんてどうでもいんでしょ!?」みたいになりますよね。

きっと経験のある人もいるはずです。

参考までに、ここでの最大公約数的な正解は

「どっちがいいと思うの?」と相手に投げ返して、それに同意してあげればいいです。

独身男性の諸君、参考にしてください。


と、このように男性と女性は考え方が違うのです。

別の惑星の生き物くらい違うかもしれません。

比較的よく言われるのが、

男性は論理的、女性は感情的な生き物

ということ。

もちろん個々見てみると、違うわけですが、集団として見た場合はこのような傾向にありますし、納得できるでしょう。


例えば 【リンパマッサージ】でキレイなれる!ということを聞いたときのイメージは

女性は

「うわー、なんか良さそう❤️」

なんて思うかもしれませんが、男性はそんなこと思いません。

まず【そもそもリンパって何?】

という疑問。

そして、本当にリンパなるものをマッサージできるのか?

リンパをマッサージすることにより、本当にそのような効果があるのか?

それは全員に対して間違いないことなのか

さらにいえば、論文はあるのかいな?

などということを考えます。

(以上の結果、私個人的な見解としては、否定派です)


こんな説明をしても

女性は「え・・でも、効果あるかもしれないんですよね・・?」

と思うはず。

女性と男性でこの話をしても、

「効果があるかもしれない」vs「効果ないかもしれない」

という”かもしれない”対決で、決して交わることのない闘いなのです。

と、こんなことを買いたいのは、先日、デトックスについてとある記事を読んだからなのですが、その前置きが長くなりましたので、本日はこの辺で。

今日も明日も筋肉のために。

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP