応急処置の基本

こんにちは、キタムーです。

前回肩が外れてから約2週間ほどたちます。ちなみに皆さんは怪我した際どういう対処法をとりますか??

今回は応急処置の中でも王道である、RICE処置について紹介したいと思います!!

 

Rest(安静)怪我したところを安静にして、痛みがひくのをまつということです

Ice(冷却)怪我をした場所を冷やすとこで、痛みをとろうというこです

Compression(圧迫)怪我した場所を包帯などで、圧迫することで、腫れを抑える

Elevation(挙上)怪我した場所を心臓より高い位置にあげることで、腫れや内出血を抑える

 

この4つの頭文字をとって、RICE処置と言われています。

この主な目的として、怪我した直後から処置を行うことで治癒を促進させて、

できるだけはやく怪我を治してしまおうということです!!

 

この応急処置は、かなり前から教えられている処置方法であり、スポーツなど運動指導などに携わっている人は

ほとんどの方が知っている方法で、色んなスポーツの場面でみる処置の1つです!!

皆さんも試してみてはいかがですか??

 

さて、来週はこのRICE処置について、もっと詳しく!!

 

関連記事

いいね!でお知らせ届きます。

LINEでお知らせ届きます。

ブログの更新やお得な情報を早く確実にお届け!友だち追加数
PAGE TOP