減量するか、重量にこだわるか

クラソノです。

先日、また100kg達成の瞬間に立会いました!

この人の場合は、体もデカイのですが、それでも100kgは100kgです。

おめでとうございます!!!

最近は毎月100kgクラブの新会員が増えています。

GREAT!!

次はあなたです。

そう、あなたです!!


で、この人の場合、何がすごいのかというと

減量しながら挙上重量をあげている

というところです。

正直、体重を減らしながら、重量をあげるというのはかなり難しいのです。

通常は、どちらか一方を取って、一方を捨てます。

たとえば、

まずは体重を気にせず挙上重量をあげることに専念する。

そして、ある程度いったら減量する。

このときに前の体重に戻っても筋力は意外とあまり落ちません。

例えば、体重60kgの人が体重を80kgに増やして、

その間にベンチを70kgから90kgに増やす。

そして、そのあとに体重を60kgに戻しても挙上重量は70kgにはならない、という仕組みです。

85kgとかそれくらいまでは落ちるかもしれないけど。

それを70kgをずーっとキープしたままだとあまり筋力は上がらないものなのです。

少しづつは上がっていきますが、同じ期間で比べた場合には多くの場合、前者に軍配があがるでしょう。

この辺はエビデンスありません(笑)

*何度も言っていますが、こういうのは比較実験が難しいので、実験したとしても信頼されるレベルの結果にはなりにくいのです。

年齢や性別、トレーニング歴でも結果は変わるし、同じ年齢、トレーニング歴にしても個体差があります。

同じような人を100人くらいあつめれば、信頼されるかもしれませんが、まぁまぁ難しいですよね。

そういう意味でほとんど多くの論文は意味をなさないことが多いのが現実なのです。


最初は体重を気にするな!

ボディメイクにしても同じです。

まずは体重を気にせず頑張って筋トレする。

とにかくデカくする。

そしてそこからダイエットをすると、余分なものが削れたときには、キレイなカラダが残るのです。

体重は元に戻ってもカラダは元に戻らない。

それ以上のカラダが残るのです。

あ、誤解のないように言っておきますが・・・

増量を勧めているわけじゃありません!

免罪符のようにして、なんでも好きなものを食べるのはNGです。

お菓子やパンを食べても強くなれません。

キレイなカラダにはなれません。

というか、中毒性があるので、そういう食事をしているとダイエットの時期にしんどくなります。

戦略的にはこういう方法もありますよ、

と紹介しているだけです。

意思が強い人はチャレンジするといいと思います。

ほとんどのボディビルダーはこうやっていますし、早道であり王道です。

ただし、増量すると減量がきついので、鉄の意志が必要なことは言っておきます。

筋肉がなかなかつかない、、、

という人はチャレンジする価値あります。


さて、先述した100kgクラブの新会員の方は、過去のトレーニング歴もありますので、入会後、数ヶ月ですが重量は順調に伸びていますし、まだまだ伸びると思います。

ベンチの重量だけが指標ではありませんが、一つの目標としては良いと思います。

次は体重の10回にチャレンジしていただきたい!!

体重比は皆チャレンジできるので、ぜひ!!

ベンチプレスでいえば、、、

男性は体重の0.9を10回

女性は体重の0.6を10回

これがまず最初の目標です!

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。