インチキダイエット情報の見分け方

ダイエットのアドバイスはなぜこんなに人によって言うことが違うのか?

ダイエットは永遠のテーマです。

そしてダイエット情報は本当にたくさん氾濫しています。

何が正しいのか?

それが分からない、、

という人がほとんどではないでしょうか?

クラソノ
クラソノ

安心してください!

私に言うことを守ってくれれば、絶対痩せることができます!

私の言うことが正しいです。

この方法では好きなものを食べても痩せることができます。

おやつを我慢する必要はありません。

なんて言っている人はインチキです。

もし、今の言葉で

ちょっとでも心が動いた方は注意してください。


今のところ絶対に正しい方法なんてありません。

ない、ということは知っています。

食べなきゃやせるっ、てのすら事実じゃない。

誰もが楽に健康的に痩せられる方法なんてあるのかな・・

ダイエットのアドバイスは

なぜ、人によって言うことが違うのか?

皆、自分の経験を元にアドバイスします。

「私はこれで痩せられた」

「私はこうしている」

でも、身体は人それぞれです。

食べても太らない人もいるし、

ちょっと食べても太る人もいます。

私は食べれば、すぐ太ります。

一年のうち350日くらいは我慢しています。

1日のうち20時間くらいは食べ物のことを考えています。

本当にお腹いっぱいに食べるのは、数回しかないですね。

ちなみに、

そもそもお腹がいっぱいに感じるのは”脳”です。ホルモンとかそういう反応の結果です。

胃袋が物理的に一杯になるわけじゃない。

(だから言ってますよね、お腹が空くってのは脳味噌がささやいているだけ、だって)

同じ食事をしても、体重の増減は人それぞれ。

1日何キロカロリーにしてね、

という絶対的なアドバイスなんてありません。

だから個人的には管理栄養学は好きじゃありません。

基礎知識としては必須だけど、男性の平均的な基礎代謝はこれこれで、タンパク質がこれくらい、、、みたいなステレオタイプなアドバイスはあまり意味がないのかもしれません。

「えーーー、今までのアドバイスは何だったんですか!」

と文句を言わずに、そのまま。

だから、やってみないと分からないんですよ。

これが結論です。

ダイエット方法を探せ!

ダイエットはトライアンドエラーの繰り返し。

2週間くらいやってみて1mmも減らなかったり、苦しいような方法であれば、それはダメなんです。

あなたに合ってないと思えばいい。

とりあえず、今のあなたには合ってない。

正しい方法を知っていても、

やるかどうかは本人次第です。

たとえば

・私に特殊な能力があって、

・あなたに必要なエネルギー量や栄養素など完璧に見分けることができるとして、

・あなたに正しいアドバイスをしたとして、

さて、”あなたがアドバイスを忠実に守るかどうか”ってことです。

その方法があなたにとって苦痛であったり、継続できそうもない方法であれば、意味がありません。

世の中は刑務所じゃないし、あなたの生活の全てを管理できないのです。

だから、

トライ&エラー

自分にあったダイエット方法を見つけるしかないのです。

僕らはそういった引き出しを多く持っています。

その中からあなたに合っているだろう(でもあなたの生活を知りません。。)ダイエット方法を提案させていただいています。

と、ここまで書いてあれなんですが、、

基本的には

・運動をして

・カロリーを今より500kcal落とせば、

多分7、8割の人は痩せられます。

残り2、3割の方は全くダメかもしれませんが、、

一番重要なことは一番最後に。

最後に、、

筋トレはダイエット、健康、精神面などにおいて、マイナスになる要素はほとんどありません。

週2、3回程度、”ある程度ハードにやることで” 身体はそれに適応します。

使わなければ、衰えていきます。

これは事実です。

これは本当です。

「もう騙されませんよ、、、」

じゃなくて、科学的に真実です。(少なくとも現時点では)

もちろん同じトレーニングしても効果は人によって違いますが、何かしらの変化はおきます。

頑張れ、自分。

あなたならできる。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。