ケトルベルデッドリフトを解説します。

今回はガチガチのトレーニング解説です。

毎回毎回、一人一人に説明するより動画にすればいいじゃん!

ということを発見したので動画で解説します。5分くらいです。

とりあえず1回動画でも見ててくれればやりやすくなると思います。


ケトルベルデッドリフト

今回は、おなじみのケトルベルデッドリフトについて解説します。

必見です。

LINE下のメニューからYouTubeボタンをポチしてもみることができます。


他のジムではほとんどやってない種目ですが、非常に大切な種目です。

主に背中を中心に、腰、お尻、太ももを鍛えることができます。

背中、腰が丸くならないようにまっすぐをキープすることが大事です。

腰が曲がると腰を痛める原因になりますので、お気をつけください。

あと、しっかり息を吸って体の内側から腹圧をかけることです。

そうすることで腰が守られます。

骨盤は中立ですが、やや前傾意識の方がいいと思います。

ケトルベルデッドリフトは、その次の段階でやっていただくバーベルデッドリフトの練習となります。

また日常で物を持ち上げるときの基本姿勢にもなります。

介護などする場合にも応用できます。

腰だけは怖いのでしっかりと腰をまっすぐにしておいてくださいね。

あと腹圧。

ゴミ一つ拾う場合もしっかりと基本姿勢を忘れずに。

ゴミが落ちていたら、「お、デッドリフトの練習するチャンス到来!」

と思って拾ってください。

また床からのデッドリフトやハーフデッドリフトとの共通的も多いです。


名称:ケトルベルデッドリフト

通称:KBDL(Ketle Bell Deaf Lift)

目的:

・ウォーミングアップ

・股関節(足の付け根)の動きを学ぶ

・床からのバーベルデッドリフトの練習

・下から物を持ち上げる姿勢を学ぶ


ケトルベルデッドリフトのやり方

・足幅は腰幅、つま先をまっすぐ正面に。

人によってはやや広く、つま先外側でもOK。

・足の甲、靴紐の位置でケトルベルを足で挟む感じ。

・重りに指をかけ、軽く上に引っ張る。ちょっと後ろ側。

時計で11時くらいの方向(まだ持ち上げないで!)

・ケトルベルを軽く引いたまま姿勢をつくる

(骨盤前傾、胸を張る)

・鼻から息を吸って、お腹を360度膨らませるように腹圧をかける

(息をとめたまま。1テンポおく)

・床から引っ込ぬくようにして、重さを感じながらゆっくり持ち上げる

(急に持ち上げると一発で腰いかれる可能性ありますので。)

・手は曲げないで、そのままぶら下げておく

・気をつけの姿勢まで持ち上げたら、最後に肩を後ろにして胸を開く。

・下げるときは、お尻を突き出すようにしながら、股関節(足の付け根)を曲げる

・膝の位置は1mmも変えないつもりで。

・重りをまっすぐ下に下ろす。足の甲の真横くらい。

ポイント

・背中をまっすぐ(もしくは反らす)

・胸を最後まではっておく

・フィニッシュポジションでは腰を反らない。

・顎を引いて、腰〜背中〜首がまっすぐに!

・腹圧を常にかけておく。動きの途中で抜かない

・最後まで重りをコントロールして、ゆっくり床に置く


やってはいけないこと:

その1 腰が曲がる

その2 膝が前にでる

その3 腹圧を抜く


目安:子供レベル20kg

初心者レベル:40kg

中級者:50kg(ダンベル)

その他

ケトルベルがない場合や遠い場合はダンベルで代用すること。

やっているときに腰に痛みや違和感がある場合はやらないでください。

やり方が悪いか、腰が悪いか、どちらかです。

どちらにしろ一旦中止します。

ケトルベル40kgで10回できるようになったらバーベルデッドへと移行しますね。

お楽しみに!!

・腰〜背中〜首を一直線に。わからない場合はとりあえず反り気味で。

・息をしっかり吸って腹圧をかける

・膝を前に出さない。

以上のポイントに気をつけてください。

facebook

Don’t think・・・Feel.

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。