大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

夢ひとつ叶えます。

こんにちは、北村です。 お久しぶりです! ずっと更新していませんでしたが、今日報告としてブログを書かせていただきました。 直接ジムの方でお会いした方には、お伝えしましたが、 私北村は8月31日をもって退社することとなりました。 次は大分三好ヴァイセアドラーというプロバレーボールチームのトレーナーとして活動させていただきます。 自分がトレーナーという職業を知り、目指そうと思った時に一番最初になりたいと思ったのは プロチームのトレーナーとして活動することでした。 その一つの夢であるプロチームで働くことができるというチャンスがあり、そこに飛び込むことを決断しました。 グランドオープンからいままで5年間と3ヶ月ありがとうございました!! ただ、午前中など時間が合うときは変わらずジムの方でも活動しますので これからもPROTEIOSをよろしくお願いいたします。 残りの8月は28日は終日(子ども体操で3階に)30日31日の両日は朝から昼まで出勤しております。 お時間合う方は是非予約してください! お待ちしております。 今後ともいっそうのご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

将来の身体のために。健康のために。

くらそのです。 まだまだ暑い時期ですね。     夏の暑い時期には冬の寒さを忘れ、冬には夏の暑さを忘れます。 そのときになってやっと寒さ、暑さを思い出します。    ワクチン摂取2回目を終わったのですが、久しぶりに熱がでました。熱だけならいいんですが、関節痛が、、、 久しぶりに関節痛の苦しみを思い出しました。 まぁ、熱が出ても大丈夫だろう、なんてタカを括っていたのですが、数年ぶりにキツかったですね。    健康は失ってやっと気づきます。 「健康は大事」「健康第一」なんてことは、皆分かっていると思いますが、そのために努力をしている人は多くありません。    あ、プロティオスに来ている方は意識が高いですよ。(マジで)     「家族が一番大切!』といいながら仕事ばかりして(あるいは遊んでばかりで)家庭をないがしろにしているようなものです。     運動不足、喫煙、過度の飲酒など一概に悪いと決めつけることはできませんが、数年後、10年後、20年後、30年後に後悔するのかもしれません。     現実に痛み、苦しみとしてなってみないと分からないし、そのときにきっと「あー健康な身体っていいな・・・」 って思うんだと思います。    将来の不健康な身体が想像できないので、必要性を感じないし、今、将来に備えて筋トレをやろうと思わないんですよね。 人間そんなもんです。      将来、 食べたいものを食べられず、 やりたいことができず、 定期的に病院で検査しなけえばならない状態になって、やっと気づくんだと思います。 「あーもうちょっと運動しておけば・・」って。    私も今日、関節痛になって改めて、何も悪くない状態というのがいかに素晴らしいことか、ということを再認識しました。 本当にこのことは忘れてしまう。 多分、僕も1ヶ月後にはこの痛みの感覚を忘れてしまうでしょう。 そういえば、痛かったな、、くらいで。   これは世代は関係ありません。 20代、30代のころはあまり気にしないかもしれませんが、要注意ですよ。 結局、その頃から運動習慣をつけておくことが大切なんですよね。 大切というか、その頃からやっておけば楽ですよね。    40代、50代になってはじめて筋トレするのはシンドイと思います。。それでも60代、70代になってはじめるよりはいいし、筋トレはいつ始めても遅すぎるということはありません。    筋トレは何歳でも誰にでもベターなエクササイズです。 (ベストじゃないかもしれないけど。)    悪くなってからやっても手遅れとまでは言わなくても、早い時期からやっておくにこしたことはありません。 今、筋トレをしておけば、5年後、10年後、20年後の貯筋になります。    何はともあれ、健康第一。 今、ちょっとシンドイことをしておけば、将来が楽になる、と信じて頑張りましょう。        良い生活習慣をとりいれて、悪い生活習慣を駆逐していく、 これ以外に方法はないでしょ?

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

筋トレのコツ:可動域はできるだけ大きく!

子供らの夏休みも明日まで! コロナが増えていて夏休み延長!なんてことにならないことを祈ります。      さて、今日は筋トレのコツについてお話ししましょう。         今日は、可動域についてです。 原則:「可動域はできるだけ大きく」       怪我があるとか、ボディビルダーとか特定の方は別として、 基本は可動域いっぱい使って重量を動かすこと です。         スクワットにしろ、ラットプルにしろベンチプレスにしろ大きく動かす。 スクワットはお尻をあるところまで下げていくと、腰がまるまってくるので、その手間ギリギリまで。 ラットプルなら肘が伸びる3ミリ手前までしっかり伸ばして、鎖骨につけるまで引いてくる。      限られた可動域で筋トレをすると、その可動域でしか動かなくなります。 動かなくなる、というのは言い過ぎですが、そういう傾向にあります。 例えば、アームカールを思い重量で、小さな可動域でずっーとやっていると肘が伸ばしにくくなります。 これは筋肉くんが、 「あ、俺はここまでしか動かなくていいんだ・・」 って思うわけです。    これは日常生活しかりで、身体をしっかり動かさないと動かしにくくなりますよね。 なのでストレッチとかヨガをして、しっかりカラダを動かすことはいいことなのです。 動かさないと動かなくなる。 良きにしろ悪しきにしろ、身体は順応していきます。 だからこそ、しっかり大きく動かせる範囲いっぱいで動かしてあげることが大事なのです。        ・注意点を一つ。 肘や膝を伸ばす場合は伸ばし切らずに、3ミリくらい手前で止めてください。 エクササイズにおいて”カチン”というのはNGです。 ・注意点をもう一つ 肩は怪我をしやすい部分の一つです。 可動域や靭帯の強さ弱さの個人差がかなりあります。 筋肉でなく靭帯への強いストレッチ感を感じたらNGです。 よく分からない場合は”肩に違和感があればその手前まで”、と思ってくれていいです。 ・注意点をさらにもう一つ フォームは重要です。 可動域ばかりこだわってフォームがくずれては、本末転倒です。      可動域が大きいエクササイズ 筋トレにおいては、 ざっくりと伸展系(ストレッチ)のエクササイズと収縮系(コントラクト)のエクササイズがあります。   お尻でいえば、ヒップスラストは収縮系、スクワットは伸展系のエクササイズ    胸でいえば、ケーブルプレス(このジムにはない)や収縮系、ダンベルプレスは伸展系です。     背中はやり方でかなり変わってくるので、難しいのですが、 注意して欲しいのは懸垂ですね。 これも大きな可動域でやっていただきたい。 懸垂で一番美味しいのは下がっているポジションです。 しっかり背中や脇の下を伸ばしたいところです。    このジムでは伸展系のエクササイズがメインになります。 というか、普通の場合は収縮系の種目はほぼ不要かと。 動きは悪くなっても筋肉を大きくしたい、とか何かしらの目的があれば別ですが、、 あくまでもサブ種目として。。    結論: エクササイズをするときは、大きく動かしましょう! 大きく動くのはキツイですが、得るものは大きいです。 そして、フォームはしっかりと!

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

コロナのリスクが高いのは・・?

クラソノです。 もうすぐ夏休みも終わります。(やっと!) そして、報道によると、コロナの感染者もどんどん増えているようです。 でも、私の周りではコロナ感染した方はいません。 統計的には累計で100人に一人とか200人に一人くらいになってると聞いたことがありますが、「本当なん?」という感じです。 えてして報道というのは恣意的です。 (個人的な見解です) コロナの危険性を訴えるのはいいのですが、人の不安を煽っているだけの気がしてなりません。 嘘じゃないけど、無意味に煽っている。 世の中をよくしようとか、そいういう感じじゃないですよね。 私は基本ニュースやその類はほとんどみません。 ニュースをみてハッピーになったことはほとんどないし、「あーあのニュース見てて良かったぁ」なんて感じたことがないので、そんなもののために、貴重な時間と気持ちの財産を使うつもりはありません。 ニュースをみて不安になったり、行政に不平不満をいうのなんて本当に時間の無駄と思います。 はい、個人的な見解です。    そんなことより楽しいアニメとかディズニー映画見てた方よほどいい。 そして、一番いいのは、筋トレとか瞑想ですね。 はい、これも個人的な偏見です。 すみません。      さて、 コロナで若い方も亡くなっているとかで、、 というところで、ちょっとしたタメになる話を聞きました。   とある方がいうことには、 「肥満の方が重症化する傾向にある」 と。   え、ニュースで知ってました? 僕は知らなかったので、 「コロナ 肥満」で検索すると、、 でてきますね、、たくさん。   やはり、どうやら肥満は重症化するリスクの一因子らしい・・ (ひょっとして、これ常識だったりします?) もちろん肥満→重症化ではないだろうし、肥満でないければ重症化しないということでもありません。   でも、肥満が重症化の因子である、ということは感覚的にもなんとなく分かる気がします   どの程度の肥満からなのか? どういうメカニズムで何がどう関係しているか? というのは、まだまだ論文ベースでは証明できないと思いますが、とりあえず肥満や過体重はコロナ禍においてもマイナス要因になりえる、というのは知っておくべきことだと思います。    モデルナがどうとか、ファイザーがどうとか、若者が・・でなく、こういうことをニュースでもっと報道すべきじゃないのかな、、と。   もしかしたら、差別につながる恐れを心配しているのかもしれないけど・・・   まぁ、マスコミの報道の有無はとにかく、やはり肥満や過体重は色々な意味でマイナス要因になる可能性はありますよね。   将来的にもやはり肥満にならないように気をつけなければなりません。   私も太りやすいし、気をつけなければ、と思っています。 今できることを、できるだけやるだけですね。 食べたい気持ちを抑えて、面倒くさい気持ちを乗り越える。    季節も気持ちいい季節になってきました。 ここから2ヶ月くらいは朝は涼しいし、気持ちよく走れる季節ですからね。 もし万が一ジムが心配と思うなら、外を走りましょう。 そして週に2回の筋トレでもやってくれればいうことなしですね。   え、ジムでコロナの感染ですか? 少なくとも今の時点では私は心配していません。 このジムでの感染の可能性はほぼないかな、と。 不思議なもので、コロナについて知れば知るほど、不安はなくなってきました。 ニュースはほとんど見てませんから。あまり不安を煽られていないので冷静に判断しています。 ニュースは見てないけど、コロナの本は読みました。   もし、本当にジムで可能性が感染する可能性が高いのであれば、ジムもお休みしますよ。 私も感染したくないし、感染拡大の原因にはなりたくないので。 その辺の判断は主観的にやらせていただきますが、多分、そんなことにはならないと思っています。 はい、個人的な見解です。 ぜひ皆さんもニュースに煽られることなく、判断していただければと思います。

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

身体は変わっている!!あなたは気づいていないかもしれないけど。

クラソノです。 こんにちは。   通常であればお盆んでもサービスとしていジムを開放したりするのですが、今年は多分できません。 今日はとりあえず一度実家に帰ります。 国東なので遠い。。 ちょっと行って、すぐ帰ってきても、夕方になります。   明日はオンラインのヨガ講座。 明後日は1日くらいゆっくりしよう。 (多分、事務仕事するけど) ということです。   今年は昨年と同様コロナでどこにもいくとこがないかもしれませんね。雨だし。 こんなときに開けないのが気が引けますが、すみません。    さて、お盆が終わるとあっという間にクリスマスです。 そしてお正月。 こんにちは2022年。 です。    今年一年でかなり身体が変わった人もいます。 半年で相当変わりますよね。 「いや、あまり変わってないんだけど・・」 という人も安心してほしい。   あなたの身体も変わらないように変わっています。 変わってないというのも一つの努力の証拠ですよ。   私たちはほぼ例外なく、高校生以降は身体機能が右肩下がりです。 この右肩下がりの傾斜は年齢を経るごとに勾配が急になっていきます。 これは生物的に仕方ない。 しかし、これに抗うことができるのがニンゲンです。   最近身体が変わらないな、、と思っているかもしれませんが、 ”変わらないこと自体も変わっている証拠”なのかもしれません。 変わらない、ということも結構大変ですからね。   身体の細胞は30日で全てが入れ替わる、なんて言われます。でも30日後に全く別人になっているわけではありません。 ちゃんと私は私として、あなたはあなたとして存在し、認識できます。 高校生以後は30日後にに変わってない、ということもすごいことなのです。   会社や組織、家庭でもそうですよね。 家庭でも色々なことがありますよね。進級したり、進学したり、その他まぁ色々と・・ それでもなんとなく家庭としてあります。   会社でも色々あります。 トヨタやユニクロが何もしてないわけじゃなくて、常に成長を目標に経営をしていて、常に変化していますが、それでもやはりトヨタであり、ユニクロです。例え社長や役員が変わっても会社としては同じ会社なわけです。    衰えたり、没落するのはあっという間。 ちょっとサボればすぐに落ちます。 (ちょっと食べればすぐ太ります。)    身体も会社も(家庭も!)、意識して向上する努力をし続けなければ、確実にダメになる。 変わらないために、変わり続ける。 変わらないことも、成長の一つなのです。    このジムも色々と人の入れ替わりがありますが、プロティオスというジムはそのままです。 いつでも成長できる準備はできているのですが、なかなかブレイクスルーできずにいます・・   常に成長や発展を常に考えています。   そのために、お客様のために何ができるのか、 ということをこれまでずっと考えています。    ・あなたの悩みを解決するために私たちが何をすればいいのか? ・どんなサービスをすれば喜ばれるのか? ・そのために私たちに必要なスキルはなんだろう? なんてことを本当に色々と考えてチャレンジしてみてはボツになり。 日の目を見ないアイデアはたくさんあります。    プロティオスとしてのサービスや方向性に変化はありません。 常にNO1のジムとして存在したいと思うし、努力は怠りません。 そして、 お盆以降も変わらず、頑張るあなたを応援します。 私もあなたも常に変わる努力をし続ける必要がある。    ただね、、 人が少ないので色々大変なのです。   ということで、 お盆はお休みさせてもらいます(笑 (言い訳が長い!)    *気が向いたら開けるかもしれないけど、あまり期待しないでください。

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

”引き締まった身体”ってどんなカラダ?

クラソノです。 ちょうど今オリンピックで様々な競技が行われていますが、それぞれの競技で特徴的な体型があると思います。   あなたの理想の身体はどの競技でしょうか? もちろん同じ競技でも個人差はあります。 人種による各国の違いもあります。   しかし、ほぼどの種目においても、引き締まった身体というのは共通していると思います。 (体重があった方が有利な種目を除き)   この「引き締まった」という曖昧な表現。。 何が引き締まったているのでしょうか? ・筋肉がキュッっとなっているのでしょうか? ・脂肪が小さくなっているのでしょうか? ・それとも脂肪が少ないのでしょうか? ・全部が密になっているのでしょうか? さて、どれでしょう? もし、筋肉そのものが小さくなって引き締まる、と思って筋トレをしているのであれば、残念・・。 本当に残念です・・   筋トレをすれば筋肉が引き締まる そう思っている方もいるかもしれません。 筋トレをすれば身体が細くなる。 それはあながち間違いではありませんが、筋トレで筋肉は基本的に細くなりません。 筋トレで身体が細くなるメカニズムは2つ。 ・筋トレをして筋肉量が増える→基礎代謝が上がる、運動量が上がる→消費カロリーが増える→やせる もう一つは内側、内分泌系的なもの ・筋トレをするとなんかのホルモンに作用する→身体の状態や代謝がよくなる→やせる です。  基本原則:筋トレをすれば筋肉は大きくなります。 基本的には。 です。    しかし、です。 大きくならないのが現実です。   筋肉を大きくするのは本当に大変なことなのです。 かなりのハードは筋トレと大量のタンパク質をもってしても、一年間でどれだけ増えるか・・ これが五年、十年と続けば少しは大きくなるかもしれません。 さらに残念なことに、20代でも放っておくと筋肉は減っていきます。 はい、何もしないとどんどん細くなります。 「やったー!何もしないで細くなるんじゃん!!!」 って思った方は。もう一度このブログを上から読んでください。 1分前に行ったことを忘れていますよ。 筋トレをしない→筋肉がへる→基礎代謝が落ちる、運動量が減る→消費カロリーが減る →(想像にまかせます) です。 一年、二年ならいいでしょう。 細くなって喜べばいい。 (肩こりや腰痛になるかもしれないし、他の不調もあるかもしれないけど) でも、あなたが見るのはもっと先。五年後、十年後です。 次の次のオリンピックか、その次くらいにキレイで健康な身体でいれるように今やっているのです。 さて、本題です。 筋肉は簡単には大きくならない、 という話をしましょう。 (1分前にお話しして)ご存知のとおり、年齢とともに筋肉量は減ります。 これは抗えない事実。 でも努力によりカバーをすることはできます。 というか、その努力をしない限り、老衰するだけです。 まじで。毎日少しだけなので気づかないだけ。 年間1%としても10年で10%です。20年で20%。 年間2%としても、こんな少しの差は日々気付くわけがない。 だからヤバい。 そーっと忍びよってくる。少しづつ脂肪が侵食してきます。   細い身体に憧れるかもしれまんせんが、えてして憧れているのはもう十分に細い人が多い。   あなたに求めて欲しいのは「健康的な身体」なのです。 もう十分細いし、綺麗なので、もっと健康的な身体になりましょう!と。   もちろん個人の価値観はありますし、否定はしません。 細さ至上主義だとしたら、ちょっとだけ「健康」や「将来」という面で捉えてみましょう。    5年後、10年後を見据えて、今すべきことをやりましょう。 「今」キレイになりたいのは知っていますが、 「今」だけを追い求めると「将来」が見えなくなります。     子どもたちにも「今、楽しみなさい、勉強しなくていいから、今遊びなさい!」 なんて言いませんよね。 そんなことを毎日していたら、 1ヶ月後、夏休みの終わり間際になって大変な目に遭います。    あなたも同じ。 ちょっと先の未来を考え、行動しましょう! 「将来なんてどうなるか分かんねーし、今が、楽しければいいんじゃね?」 なんて若者みたいなことは言わないでくださいね。 あ、最後になりましたが、 もし、 筋トレで身体が大きくなったな、、と感じるのであればまずは、 「脂肪かもしれない・・・」と疑った方がいいです。 考えたくないかもしれないけど、信じたくないかもしれないけど、嘘であって欲しいけどきっと真実です。 ”大きくなったかも・・・” そう感じたときにやめるのは、筋トレでなく間食です! 変更するのは筋トレのメニューでなく、生活習慣ですよ! 筋トレをして引き締まるのは脂肪が減るからなのですよ。   がんばれ、ニッポン。 がんばれ、ジブン。

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

腰回りのお肉が多くて嫌です。どうしたらいい?

ダメだ・・・ツッコまずにはいられない・・ 面白すぎる。。 ご存知のとおり私クラソノはヨガもやっています。    仕事上というか色々な雑誌や記事を読んだりしているのですが、現時点でヨガは女性がメインになっています。 どうしても記事などが女性メインで書かれているものが多くて困ってしまいます。 先日も、困った記事がありました。 いや、、困らないけど困る。      「無知は最強」という言葉がありますが、知っていてるのか、知らないで言ってるのか分かりません。   でも、それでやる気になってヨガとかエクササイズやるならそれはそれでいいのかな、 とか心の葛藤がありますが、、、とりあえずダメ出ししてきます。 女性の方、すみません。 これが男性目線です。 以前も言いましたが、男性と女性の考え方の違いです。   さて、問題の記事ですが、、 そのまま引用しましょう。 【質問】腰回りのお肉が多くて嫌です。どうしたらいいでしょうか?【先生の回答】背中を使う機会が少なかったりして背中や肩甲骨周りの筋肉が凝り固まると、どうしても腰回りのお肉がスッキリしなくなります。ヨガは後ろに手を回したり腕を開いたりという動作が多く背中を使う動きが多いので、基本的にはヨガを続けていけば変化が出てくると思います。ただ、姿勢が悪いと背中のお肉をきちんと使うことができないので、1つ1つのポーズの姿勢に気をつけて取り組んでください。 きっと女性の方は 「ふむふむ、、なるほど!背中の筋肉をしっかり使えばいいわけね!了解です!」 みたいな感じかもしれませんね。   では、これを男性目線で見てみましょう。 (女性の皆さん驚いたり、バカにしないでください。オトコ(クラソノ)とはこう考える生き物なのです。)   「ん?腰回りのお肉ってそもそもどこのこと?」 まぁ、それはいいとして。。 『背中の筋肉が凝り固まるとどうしても腰回りのお肉がすっきりしなくなる・・・』って?』 「背中の筋肉が凝り固まる→どうしても腰回りのお肉がすっきりしない、 って、、なんでなんだ??理論飛躍しすぎ!!    いや、それより、 ”どうしても” って、何??   これを使えば、なんでもできそうだな、、 「背中のお肉が凝り固まると、、どうしても肩がこります。」 「肩甲骨周りのお肉が凝り固まると、、どうしてもお尻が垂れ下がります、、」 なんとなく当たり前のように読んでしまう。 最強の接続詞かもしれんね、これ。 メチャ便利や・・・ 意味は不明だけど。   まぁ、これもいいとして、、 「ヨガは背中を使う動きが多いので、、ヨガを続けていれば変化がでると思います。」 すごく曖昧だ・・ 背中使うちゃ使うけど、正直そこまで使わないしな、、 まぁいいわ。     「姿勢が悪いと背中のお肉をきちんと使うことができないので・・」 まただよ。 姿勢が悪い→背中の筋肉をきちんと使うことができない 飛躍理論。 全くつがなりがないのを当たり前のようにつなげるすごさ! まず、姿勢が悪い、ってどういうことなのか意味不明だし。 姿勢が悪いのと、背中の筋肉を使うことができないのは直接関係ないし。 ・・・・・・・ という感じで、「OK!了解、がんばりまーす!!」とはならないのです。     (最近はないけど)インチキ壺を売っている人を見ている感じ。 読んだあとに胸のあたりがムカムカする感じがします。    私もこういう記事を書きたい気持ちはあります。 嘘でもいいので、読んだ人がヨガや筋トレをしたくなるような記事を書きたい。    でもですね、、 現実を知っているとそんな無責任なことはできません。 「腰回りの肉が気になります」 って言われたら、 まず腰回りってどこのこと? どう気になるの? 他に気になる部位はないの? それはいつから? などなど色々と聞かないと、何にも答えられません。    聞いた人が、そんな回答を求めてないのは知っている。 何か適当でもいいので、”気持ちがいい”答えが欲しいのは知っています。    でもですね・・・無理なんです。 そこで「背中の筋肉」とか「姿勢が悪いのが原因」なんて無責任ことは絶対に言えない。 言えるわけない。 (でも言いたい・・) 100人中3人くらいはその可能性あるかもしれないけど、あとの97人にとっては意味のないアドバイスになってしまいます。   あなたがそういう答えを待ってるのは知ってる。 けど、無理。   たとえ、それでヨガをやる気になってくれるとしても、僕には言えない・・ 「あいつアホか、、何言ってんだ?あそこダメだな、」 って思われるのも嫌だし。    往々にして簡単な質問ほど答えるのは難しいのです。。 「ダイエットには何を食べればいいですか?」 とよく聞かれますが、こんな答えはどうでしょう?   「運動不足になると、どうしても食欲が出てしまいます。 姿勢が悪いと、悪いホルモンが放出されるので、デッドリフトをすれば姿勢も良くなるし、テストステロンが食欲を抑えてくれます。 基本的にはデッドリフトを続ければ変化がでてくると思います。 フォームが難しいので、姿勢に気をつけてやってください。」   ということで、ダイエット中の方はデッドリフトやる気になってくれたでしょうか?     あ、一応言っておきますが、↑は適当ですので信じないでくださいね。 デッドリフトは良いエクササイズではあるけど、食欲とは直接の関係はありません。 最後になりましたが、 腰回りのお肉が気になるなら、とりあえず筋トレしてください! 理由ですか? ヨガで痩せた人より、筋トレで痩せた人の方が多い、って理由じゃだめですかね?

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

なぜ、こんな重いものを持ち上げなければいけないのですか!

クラソノです。 今年も夏がやってきました。   そしてオリンピックもあるらしい。。 ニュースを見ないと全くそんなビッグイベントがあることを忘れてしまいます。   さて、 そんなことより、もっと大事なお話があります。    なぜ、重いものを持つ必要があるのか? ということです。 重いのを持てば痩せるんですか? スクワット50kg上がれば脂肪が減りますか? デッドリフトってどこが細くなるんですか? 私はやせたいんです! 何もしてない人の方が細くてキレイじゃないですか!? 私一体何のためにデッドリフトをしているのでしょう? などなど色々なご意見があると思います。   いいことです。 常に疑問に思う、考えながらやるということはいい。   何かをするときには目的や理論を知っている方が知らないでやるよりもはるかに効率的、効果的です。 なぜ、あなたは重いものを持たなければならないのか?   まず勘違いからざっくり斬っていきます。 ウエイトトレーニングでよくある勘違い ・重いものをあげれば痩せる 単純に50kgより100kgあげた方が消費カロリーは高いです。 50cm動かすより100cm動かした方が消費カロリーは高い。 だから、 できるだけ重いものを、できるだけ大きな可動域で動かすことで、1回の動作におけるカロリー消費は大きくなります! これは嘘ではないし、正しい理論です。 ただし、これがあなたの脂肪に直接与える影響は大きくありません。 カロリー消費的には最大MAX1回より、30%くらいは30回やった方がいいです。 スクワットで100kg1回より、30kg30回の方が消費カロリーははるかに多いですよね。 (意味分かりますよね・・・)(下欄で補足) 消費カロリーの考え方:消費カロリーというのは重さ*距離で計算できます。たとえば、100kgのベンチプレスを1mあげる場合は100kg*1=100kg重・m=980N・m( ニュートンメートル)が計算式になります。これを熱量(Jジュール)やカロリー(cal)などに単位換算するだけです。詳しくはこちら→計算してみて驚いた!ベンチプレスの消費カロリーなので比較する場合はざっくりと重さ×移動距離で計算していいのです。つまり、100kg*1回=100より30kg*30回=900の方が9倍のカロリー消費になります。例えば10kgでも20kgでもいいのですが、スクワットを連続して30分するのはかなりしんどいですが、30分なら走ることができます。これも軽い負荷を30分反復していることになります。*ちなみ体重*走った距離=大体のカロリーです。50kgで5kg走れば250kcalくらいです。このようにカロリー消費だけを考えるのであれば、軽い重さで何度も反復したり走った方がいいいですが、時間もかかるし、ココロも折れます。 ・軽い重量でやれば細くなる。 これもよくある勘違い、というか意味不明。 女性で重いものを持つと体を太くなる、 なんてこと言ってウエイトトレーニングを嫌がる方もいます。 だから軽い重量でやりたい、と。 安心してください。 太くなりません。 いや、多少は太くなります。 しかし、実際のところ太くなっているのは脂肪が増えたためです。 筋肉を1mm大きくするのには非常に大きな努力が必要ですが、脂肪を1mm厚くするのは簡単です。 目をつぶってあなたの胸に手を当ててください。 太くなっているのか筋肉でしょうか?脂肪でしょうか?    そして、 軽い重量でやっても細くなりません。 細くなるエクササイズとうのは見たことがありますが、なぜそのエクササイズでその回数をやると細くなると言っているのか理由は全く不明でした。 これは意地悪でも、粗探しでもなく、です。 世の中こういう情報ばかりです。   僕がこれまで20年以上勉強してきて、軽い重量でやれば筋肉が細くなる、なんて理論は1つも見たことがありませんし、実際どんな理論で細くなるのか想像すらつきません。 回りくどい言い方をしていますが、世の中の情報の8割くらいは意味不明理論なので、見ない方が良いです。 ・体重が減りません! 「筋トレやめると体重が減るんですけど・・」 という人がいます。    はい。筋トレしているときは体重は増えます。 やめると減ります。実際これは細くなります。 なぜか? 筋肉は水分を溜め込みます。 トレーニングをやっているときや、やめても数日の間は軽いパンプが起きているような感じになると言われています。 そしてトレーニングをせずにしばらくすると筋肉中の水分が抜けてきます。そして体重も落ちて体が細くなり軽くなります。    しかし、これは一時的なもの。 そのうち脂肪がついてきて、少しづつ少しづつゆっくりと気づかないうちに体重が増えていきます。 それこそ年に1−2kgづつ。 月にたった100-200gくらいでも、5年で5kgー10kg増えます!!   そして、将来的には筋肉がない、締まりのない体になります。 「もうとにかく体重だけ減ればいい」という数字だけ減ればいい、という人はわざわざ筋トレしなくてもいいと思いますが、「将来もキレイな体でいたい」と思うのであれば筋トレは必須です。 やった方がいい、とかじゃなくて。必須です。 Not beter ,but must. さて、ここから本題です。(え?) なぜ重いものを持ち上げるべきなのか、 でしたね。 さんざん重いものをもちあげても痩せないなどいってきましたが、、 それでもあなたは重いものにこだわりなさい、です。 理由その1 やせる! 「おいおい、さっき痩せないって言ってましたけど?」 というツッコミはなしです。   カロリー計算的には微々たるものです。 筋トレによるダイエット効果は二つあります。 一つは筋肉量が増えて基礎代謝があがる。 まずはこれ。長い目でみるとかなり大きい。 そして、もう一つが見えない効果。 ホルモンなどの内側の効果 筋トレにより、何かのホルモンがでます。 もっといえばホルモンを作る前の前駆体かもしれないし、何かしらのスイッチかもしれないけど、筋トレをすることで身体が本来あるべき姿になっていきます。 ある程度全力を出す。 そうすることで身体を変えてくれるスイッチが入ってくれるんじゃないかと。 身体の仕組みは複雑だし、どうでもいいけど、 重さを持つことで身体がそれに適応します。 ヒトとしてあるべき姿に収斂していく。 それは脂肪ブヨブヨの身体でなく必要なところに必要なものがある身体だと思います。 だからこそ重いものを持つ必要がある。       分かりやすくまとめると 筋肉量がアップして、基礎代謝が上がる そして、 身体のスイッチが入って身体が変わる。 そのスイッチに必要なのが重量ってこと。 理由その2 動きの癖が分かる。 いつもは意識しない小な違いも重いものを持つことで、強調されることがあります。 重さが重くなるほどに歪みがでてくる。 その歪みを小さくしていく、あるいは、歪まないように動くことでバランスのとれた身体になっていきます。 理由その3 体力の底上げ (ここ重要です) いずれ体力は落ちます。 今持てているものが持てなくなります。 今20kgしか持てない人は数十年後15kgしか持てなくなるでしょう。 今40kg持っている方あは、15年後も25kgくらいは持てるでしょう。   体が動くうちに、できるだけ基本の値を上げておくことが必要です。 今、重いものを持っておくのは将来のためでもあります。 持てるときにどれだけ底上げをしておくかが重要!ということです。 つまり、 重いものを持つことで ・やせる! ・身体が変わるスイッチがはいる・ ・動きの癖が分かる ・今のうちに体力を底上げできる ということです。 えーとデメリットも一応。 やりすぎると怪我リスクがあがります。やるときは正しいフォームと正しい負荷で無理し過ぎずやってください。 なにごとも過ぎたるはなお・・です。 ”過ぎたるは”ですからね。   あと、 「重い、、、」 というレベルは人によって違いますし、重いものをあげる人が優れているわけではありません。 あなたはあなたなりにやればいいのです。 手足が長い人は色々と不利だし、腰や膝が悪いと怪我につながります。 毎回高重量にこだわる必要はありません。 自分なりの力を出し尽くせばいいと思います。 目的は人それぞれ。 頑張ってください! きっといいことがある。

Continue Reading

大分の筋トレダイエットトレーニングジムPROTEIOS

「引き寄せの法則」は嘘!?「絶対に痩せる!」と思うだけで痩せられるのか?

「引き寄せの法則」って聞いたことありますか?    思い願うことが(良いことであれ、悪いことであれ)その通りになる、という考え方です。   だから、 成功するためには夢を強く思い描かなければならない、 潜在意識に働きかけよう、 ってやつです。   そうすることで、宇宙のエネルギーが物質化されて、形になって、、 みたいなロジックもありますよね。   ビジネス書ではナポレオンヒル「思考は現実化する」とかロンダ・バーンの「ザ・シークレット」などで有名になりましたし、その昔からジェームスアレン「『原因』と『結果』の法則」などがあります。   いずれも、一言でいえば 「思い」→「結果」 ということを書いています。   しかし、もし本当にこれが真実であるならば、 願えば痩せることができるのか? 願うだけで筋骨隆々になれるのか? ということになります。   そもそも、盾矛問題がおきます。 私はこれが欲しい、と願ったとして、他の人が私もこれが欲しい、、と願えば、どちらか一人ぢか願いは叶わないわけです。 引き寄せの法則がダイエットの実現を遠ざける そして 引き寄せの法則が、逆に目標の実現を遠ざける、という研究もあります。 脳は現実と幻想を見分けることができないと言われています。(←大事です)   つまり、成功したイメージがあると、もうすでにその目標が達成していると勘違いして、努力をしなくなる、というのです。 一時的に気持ちも高まるし、やる気もでますが長い目でみると現実や事実に基づいて行動しなくなってしまう、というのです。 信じたい自分に騙されるな! 今の状態で目標に近づいている、もしくは目標が実現するはず、 と信じてしまうのです。 (やる気になれば)いつでも痩せられる、 (本当は違うけど)痩せているに違いない と思ってるので努力をしない。 ってことです。   このままでの健康でいられるはず、と思い込みたい自分を信じているのです。   これはダイエットや健康に限らず、です。    ダイエットしたいあなたに、実際に必要なことはこれ   たしかに「引き寄せの法則」耳障りはいいです。 私も嫌いではありません。   でも思い描くだけで夢が叶うことはない、と知っています。 私やあなたの思いがエネルギーに変わることはありません。 ひょっとしたら可能性はゼロではないけど、それはこの世は全てが幻だ、という可能性と同じくらいです。 (つまり、ほとんど信じてないってことです)    実際に必要なのは、努力であり、行動です。 それしかない! 日々鍛錬、日々精進、日々全力です。 「思い」→「行動」→「結果」 なのです。 それでも引き寄せの法則は存在する!! といいながら、私はそれでも引き寄せ法則を弁護します。 思いがあるから、行動するし、だから結果が伴う、 というのが本当の引き寄せの法則です。 思いのエネルギーが物質化されて、、なんてことを思っても成功には1mmも近づきません。 残念ながら、、    痩せたい!と思ってもそのままの人がいかに多いか! 勝ちたい!と願うだけで金メダルはとれません。   「人は『楽』が好き。その最たるものが引き寄せ位の法則だ!」 という人もいます。   何かにすがるのは悪くありませんが、そこを心のよりどころにしつつ、毎日の努力、行動しか目標の実現、理想の実現に近づく方法はありません・・・   繰り返しますが、願うだけでは願いは叶いません。! 願いは自分の努力で叶えるもの! 身体は自分で変えるもの。   なのです。 さぁ、もうすぐオリンピック。 努力なしで金メダル取れることはありません。 願いが強い方がメダルを取れるわけじゃありませんよ!! 引き寄せの法則は、 「思い」→「行動」→「結果」 なのです。   真ん中が一番大事。 その前提としての「思い」なのです。 思いが強いほど、行動につながっていく、だから強く願いなさい! ということです。   分かりましたか? わかったら今すぐやることは何でしょう? そうですね、 予約ですね。   そして、 今、あなたの目の前にあるお菓子を処分しましょう。 あなたのお腹にいれずにゴミ箱へ。 (処分先を間違えずに!!) 頑張れ!自分。

Continue Reading